神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
逗子・葉山版 公開:2024年2月16日 エリアトップへ

リビエラ逗子マリーナ内レストランで自身の企画展が開かれている 平尾 香さん 逗子市新宿在住 51歳

公開:2024年2月16日

  • X
  • LINE
  • hatena

創造力の源は行動力

 ○…「きれいな景色と合わせて作品を見てもらい、少しでもアートを身近に感じてもらえれば」。リストランテAO逗子マリーナで2月末まで開かれている企画展は地元開催だけに気合も入るが、「雄大な自然には負けちゃいますかね」と愉快に笑う。

 ○…神戸市出身。幼少から絵を描くのが得意だった。大学受験まで通った絵画教室の先生とは今でも交流がある。「先生と、いろいろな所に連れ出し感性を磨いてくれた母には感謝しきれない」と話す。美術短大卒業後、広告制作会社勤務、短大助手を経てイラストレーターとして独立。当初はなかなか仕事もなく、関西と東京でまめに個展を開き人脈作りに励んだ。2000年に手がけたパウロ・コエーリョ氏の小説『ベロニカは死ぬことにした』の装画が好評で後に、同氏のベストセラー『アルケミスト』も担当。「小説の世界観を体験しようと思って砂漠に行きました」と持ち前の行動力を発揮。今は何でもネットで調べられるが、実際に自分の目で見ることを大切にしている。

 ○…20代の頃、バックパッカーとしてアフリカをはじめ約20カ国を旅した。そこで得た自然の空気感がその後の作風に生きている。一昨年はアーティスト・イン・レジデンスで旭川に3週間滞在。「久しぶりにバックパッカー時代を思い出した。初心に戻るいい機会になった」と振り返る。

 ○…結婚を機に2005年、逗子に移住。故郷と雰囲気が似ていて、文化的にも刺激を貰えそうなところが気に入った。「披露山公園や大崎公園など一人になれる時間と空間が毎日ある。贅沢ですよね」。自然に囲まれ湧き出るインスピレーションで、次なる挑戦は絵本。創作意欲はとどまるところを知らない。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

杉山 晴香さん

映画『夏の一歩』で演技指導を担当した

杉山 晴香さん

逗子市小坪在住

5月10日

小田 乃梨さん

今回から葉山芸術祭の実行委員を務める

小田 乃梨さん

葉山町一色在住 41歳

4月26日

志原 光徳さん

第54代逗子警察署長に就任した

志原 光徳さん

逗子市池子在住 58歳

4月12日

柳川 謙司さん

第75代葉山警察署長に3月19日付で就任した

柳川 謙司さん

横浜市在住 59歳

3月29日

大竹 則彦さん

葉山町制100周年PR大使に就任した「ミューシー」を生み出した

大竹 則彦さん

葉山町下山口在住 67歳

3月15日

後藤 慶幸さん

2月25日に開催された「Jazz in 鎌倉」の実行委員長を務めた

後藤 慶幸さん

逗子市在住 64歳

3月1日

あっとほーむデスク

  • 5月10日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook