逗子・葉山版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

逗子フレスコボールクラブに所属し、日本代表を務める 斉藤 亮太さん 横浜市在住 25歳

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

競技の魅力 逗子から発信

 ○…ラケットとボールを使い、ペアを組んでラリーが続いた数を競うフレスコボール。その普及促進や地域交流を行う逗子フレスコボールクラブに所属し、日本代表選手として活躍している。今月5日、逗子海岸で開いた体験会には300人以上が参加した。「楽しかったという声をたくさんいただいた。このスポーツを逗子海岸から盛り上げていけたら」

 ○…横浜市出身。高校からテニスを始め、フレスコボールに出会ったのは大学生の時。プレー中に足がつる癖があり、足腰を鍛えようと、砂浜で練習したことがきっかけだった。偶然、フレスコボールの大会と体験会に誘われ参加。「テニスは相手の嫌がる所に打つが、この競技は逆。協力しながらラリーが続いた時の達成感はほかにない」とのめり込んだ。

 ○…毎週練習に励み、競技を始めて1年目の春、国内大会のビギナー部門で優勝。その後も好成績を残し、その年の夏に日本代表に選出された。これまで、本場ブラジルやイタリアの世界大会に参加した経験を持つ。個々の技術の高さやルールの違いなどに戸惑いも大きかったが、「選手として、そして自分の人生にとっても大きな経験になった」と充実した表情で語る。

 ○…すでに今シーズンも幕を開け、今月4日に開かれた第2戦で実力をいかんなく発揮。見事優勝を果たした。見据えるのは日本代表の先にある、世界との戦い。しかし同時に、今でも強く心に残っている光景がある。ブラジルの広いビーチで見たフレスコボールに興じる子どもや若者、そして老夫婦たちの姿だ。「人々の生活の一部だった。いつか、逗子海岸でもそんな景色が見られるようになるのも一つの目標」。今の自分を育んだ競技とビーチへの恩返しを胸に、夢を追い続ける。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

山口 明さん

葉山の魅力を発掘、発信している

山口 明さん

葉山町在住 68歳

10月23日号

加藤 慶一さん

一般社団法人Regional Sportsの代表を務める

加藤 慶一さん

逗子市在住 36歳

10月9日号

宮澤 久美さん

オーダーメイド服飾デザイナーとして活動している

宮澤 久美さん

逗子市在住 53歳

9月25日号

須永 笑顔(えがお)さん

セーリング競技のジュニアオリンピックで優勝した

須永 笑顔(えがお)さん スポーツ

葉山町在住 17歳

9月11日号

石川 惠さん

(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部の支部長に就任した

石川 惠さん

葉山町在住 56歳

8月28日号

西川 真実さん

7月10日に鎌倉税務署で初の女性署長に就任した

西川 真実さん

藤沢市在住 60歳

8月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク