神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
逗子・葉山版 公開:2024年5月10日 エリアトップへ

映画『夏の一歩』で演技指導を担当した 杉山 晴香さん 逗子市小坪在住

公開:2024年5月10日

  • X
  • LINE
  • hatena

芝居に魅せられて

 ○…俳優や映画プロデューサーとしての経験を買われ、短編映画『夏の一歩』で演技指導を行った。知人の同映画プロデューサーから依頼され「面白そう」と二つ返事でOK。過去に自分が学んだ演技メソッドやトレーニング法などを伝授した。「みんな熱心で、どうすればよくなるかなどのディスカッション、カリキュラム作りが楽しかった」と振り返る。

 ○…神戸市出身。ミュージカル好きの母の影響で小3から中2まで児童劇団に所属。高校受験で一度は芝居から離れたが、どうしても諦めきれず、千葉大在学中に都内の芸能事務所養成所へ通った。CM出演やドラマ出演などを経験し、芝居で生きていこうと決意して大学を中退。しかし、役者だけでは食べて行けず、いろいろなバイトを掛け持ちした。「社会経験が後で演技に生かされた」と懐かしむ。年齢的に役に縛りが出てきて出演機会が減ってきたが、映画に携わりたいとの思いから、プロデュースの仕事をするように。これまでに短編も含め10作品ほどを手掛けた。作品を育て、多くの人に見てもらうという役者とは違う喜びを感じる。

 ○…結婚を機に逗子へ。当初は不便さに戸惑ったが、今では「小坪漁港ののどかさ、ワカメ干しなどで感じる季節感、人の温かさが心地よい」とぞっこん。趣味はドライブ。今月下旬、友人の結婚式でアメリカに行くのをきっかけに、夫とサンフランシスコからニューヨークまで約10日間かけてアメリカ大陸を横断する予定だという。

 ○…いつか自分で映画を撮るのが夢だ。歩きながら、ドライブしながら「ここでカメラがこう、とか妄想します」と笑う。社会派のヒューマンドラマを描きたい。すでに企画はある。あとは実行あるのみだ。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

金 振さん

葉山を舞台にした地球環境について考えるSF舞台劇を制作する

金 振さん

葉山町一色在住 48歳

6月7日

深沢 武さん

逗子フリースクール連絡協議会の代表を務める

深沢 武さん

逗子市小坪在住 54歳

5月24日

杉山 晴香さん

映画『夏の一歩』で演技指導を担当した

杉山 晴香さん

逗子市小坪在住

5月10日

小田 乃梨さん

今回から葉山芸術祭の実行委員を務める

小田 乃梨さん

葉山町一色在住 41歳

4月26日

志原 光徳さん

第54代逗子警察署長に就任した

志原 光徳さん

逗子市池子在住 58歳

4月12日

柳川 謙司さん

第75代葉山警察署長に3月19日付で就任した

柳川 謙司さん

横浜市在住 59歳

3月29日

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook