逗子・葉山版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

プロダクトブランド「kaasuns」を立ち上げた 阿久津 芳枝さん 逗子市在住 39歳

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena

人を笑顔にするデザインを

 ○…1歳と3歳の息子を育てるかたわら、エコフレンドリーなプロダクトブランド「kaasuns」を立ち上げた。第一弾として三浦半島の地図が描かれた子ども用カバン「MAP SAC」の販売を開始。「これを背負って色んな所へ行き、親子の思い出が詰まった特別なカバンになれば」と語る。

 ○…都内の美術大学で学び、卒業後はフリーのデザイナーとして活動した。スニーカーをデザインするのが夢だったが、巡ってきた千載一遇のチャンスで挫折を経験。「ポートフォリオを手に会場へ行ったら面接官が全員海外の方。英語ができずに、あえなく夢は破れました」。しかし、この悔しさをバネに一念発起し、カナダへ留学した。「イラストやチラシのデザインをするから、学費を半額に」と学校に持ち掛けて実現させるなど、異国の地で行動力を発揮。日本語教師も経験するなど、かけがえのない時間を過ごした。

 ○…帰国後は都内で友人とオフィスをシェアしながら忙しく働く日々。そんな時に妊娠がわかり、子育てに専念した。「宮城の自然の中で育ったので、東京で子育てすることは想像できなかった」。夫と移住先を探している時、何度も訪れていた逗子が浮かんだ。「自分たちらしい生き方ができると思いました」

 ○…子育てを通して痛感する次世代への責任や環境保護の大切さ。今あるものには限りがあり、それを子どもたちが担っていくからこそ、「本当に良いモノ」を作りたいと創作意欲が高まった。目の前の人を笑顔に、そして地球環境にやさしく。壮大ともいえるテーマを素材や製造方法、デザインで表現したバッグは様々な可能性を秘めている。「商品を通じて、地域も元気にできたら」と笑顔で語った。

「江戸前場下町」開店記念特売

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。2月28日(金)~3月1日(日)

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版の人物風土記最新6

浅野 悦子さん

「とげとげ。」の名で漫画家・イラストレーターとして活躍する

浅野 悦子さん

葉山町在住 40歳

3月6日号

阿久津 芳枝さん

プロダクトブランド「kaasuns」を立ち上げた

阿久津 芳枝さん

逗子市在住 39歳

2月21日号

水垣 偉弥(たけや)さん

プロの総合格闘家で今月28日に講演する

水垣 偉弥(たけや)さん

葉山町在住 36歳

2月7日号

鈴木 達也さん

設立100周年を迎えた葉山警察署の署長を務める

鈴木 達也さん

葉山町在住 56歳

1月24日号

森村 佳生さん

一般社団法人逗子葉山青年会議所(逗子葉山JC)の第57代理事長に就任した

森村 佳生さん

逗子市沼間在住 38歳

1月10日号

大下 利栄子さん

ユニバーサル絵本を製作する活動で内閣総理大臣表彰を受けた

大下 利栄子さん

葉山町在住  59歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月20日号

お問い合わせ

外部リンク