逗子・葉山版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

ダイビングガイドとして活動しながら初の写真集を出版した 佐藤 輝さん 葉山町在住 45歳

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

葉山の海の伝道師

 ○…葉山町堀内のダイビングショップNANAの代表で、自らガイドを行うかたわら、このほど初となる写真集『湘南波の下水族館』を出版した。15年間、ほぼ毎日葉山の海に潜ってきたから捉えることができた海の豊かさや生命の輝きのほか、今起きている環境の変化を1冊にまとめた。「自分の写真が本になるとは思っていなかったので嬉しい。地域の皆さんに見ていただけたら」

 ○…葉山町出身。小さい頃から海は身近で、遊び場だった。小学校から都内に移り住んだが、高校・大学とヨット部に所属し、葉山の海に通った。その後、ホテル業界に就職。サラリーマン生活を送るなかでダイビングのライセンスを取得し、その魅力にのめり込んだ。ちょうど業界の浮き沈みもあり、「どうせなら自分が好きなことをやろう」と独立を決意。サイパンで3年にわたる「修行」を経て、地元に戻ってきた。

 ○…今も昔も、国内におけるダイビングの聖地は伊豆。当時、町内にもショップはあったがいずれも体験がメインだった。「上級者や写真家が訪れる所ではなかった。でも、ここは自分の生まれ育った場所。魅力を解き明かし、広めたい」。ショップには幼い頃、磯遊びへ連れて行ってくれた祖母の呼び名である「ナナ」と名付けた。

 ○…当初はどこに何が生息しているか、どんなスポットがあるかもわからず、毎日潜っては写真を撮り、図鑑を参考に記録を残す日々。「誰よりも湘南の海を知っているガイドダイバー」という目標は今も変わらない。写真集には海水温の上昇などによる環境の急激な変化や、自身も参加する藻場の再生活動にも触れた。「身近な海のことを考えるきっかけになれば」。葉山の海の伝道師としての日々は続く。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

戸張 雅仁さん

今年度創立40周年を迎えた葉山ロータリークラブの会長を務める

戸張 雅仁さん

逗子市久木在住

7月23日号

中村 慈英(じえい)さん

逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める

中村 慈英(じえい)さん

東京都在住 23歳

7月9日号

小林 三千世さん

神奈川県行政書士会鎌倉支部の支部長に就任した

小林 三千世さん

鎌倉市在住 56歳

6月25日号

愛(あい) 良人(ながと)さん

まんぷくカーニバルで「本部長」を務める

愛(あい) 良人(ながと)さん

逗子市在勤 42歳

6月11日号

南田 幹太(なんだ かんた)さん

児童文学作家でデビュー作を出版した

南田 幹太(なんだ かんた)さん

逗子市在住 58歳

5月28日号

佐野 正子さん

バッグブランドSYMPOSIONを立ち上げた

佐野 正子さん

葉山町在住

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter