神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

東京地方税理士会小田原支部の支部長に就任した 近藤 正道さん 久野在住 58歳

公開:2015年4月25日

  • X
  • LINE
  • hatena

二人三脚で歩む幸せ道

 ○…2市8町の税理士が所属する小田原支部。60年の歴史で培った支部の伝統を継承しながら、会員相互の研鑚の場として、世間に税の意識を啓発する組織として「粛々と責務を果たしたい」と決意を語る。ただ今年は従来と異なる点がある。10月から国民一人ひとりに通知される「マイナンバー」。社会保障や納税など行政手続きで必要となる制度で、導入元年のタイミングで支部長の座が回ってきた。「制度自体十分に理解されていない。正しく運用されるよう研修会など重ね準備しなくては」と支部運営の柱に掲げている。

 ○…実家は久野で木工所を営み、幼い頃から休みなく働く両親の後ろ姿を見て育った。自身も集金業務などを手伝う中、高校生の時、進路を考えるきっかけとなる一件が起きる。領収書の書き方で些細なミスを犯し、税務調査で指導を受けた。母が深々と頭を下げる姿は「今もトラウマ」。自責の念を抱くと共に、税務の奥深さを知り、税理士の道を志すようになった。

 ○…これまでを振り返る中で欠かすことのできない人物がいる。「控え目で大人しくて。顔も好み」と第一印象を振り返る同級生とは、中学3年で結婚の誓いを立てた仲。「僕はあの時生涯の伴侶をもう決めていたんだ」という言葉通り、その後の青春時代も税理士として駆け出しの頃も、常に苦楽を共にしてきた。今では、開業28年になる事務所の事務を担ってくれる唯一無二のパートナー。「四六時中いつも一緒。だからケンカが絶えないよ」という表情も、本当に柔らかい。

 ○…趣味は登山。事務所の一角に置いたルームランナーでトレーニングに励みながら、シーズンの幕明けを心待ちにしている様子。もちろん愛妻も一緒で「二人で百名山制覇」に挑戦中とか。「欲を言えばキリがないから、あくまで目標。”足るを知る”だよ」。登山も人生も、2人のペースで寄り添って。満ちたりた表情が印象的だった。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

大曽根 一成さん

「2024 OUR KANAGAWA 展示商談会」の実行委員長を務める

大曽根 一成さん

小田原市曽我光海在住 44歳

4月13日

村場 十五(じゅうご)さん(本名:村場悦郎)

小田原俳句協会の会長に就任した

村場 十五(じゅうご)さん(本名:村場悦郎)

小田原市荻窪在住 77歳

4月6日

津田 かおりさん

箱根湯本の旅館で若女将を務めながらSDGsの啓発に励んでいる

津田 かおりさん

箱根町湯本在住 43歳

3月30日

乾 恒雄さん

県からSDGs表彰を受けた認定NPO法人小田原なぎさ会の理事長を務める

乾 恒雄さん

小田原市酒匂在住 70歳

3月23日

小澤 芳信さん

2023年度神奈川県レクリエーション協会の功労者表彰を受けた

小澤 芳信さん

小田原市栢山在住 91歳

3月16日

小川 尊也さん

箱根の人材不足対策プロジェクトでリーダーを務める

小川 尊也さん

(株)一の湯 代表取締役社長 38歳

3月9日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月13日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook