神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

小田原市議会の新議長に選出された 武松 忠さん 市内小八幡在住 49歳

公開:2015年5月30日

  • X
  • LINE
  • hatena

原動力は家族愛

 ○…目前に迫った芸術文化創造センターや市斎場建て替えの入札。大型事業が始まるタイミングで、小田原市議会の新議長に就任した。「議会報告会の開催を通じて、積極的に市民に情報を提供していきたい」と、かじ取り役として気を引き締める。

 ○…短期大学校を経て、真空装置を製造する企業に就職。技術者として半導体などの開発に従事し、世界中を駆け回っていた。そんな折、祖母が腰痛を機に寝たきりに。「自分のハイテクな仕事はまるで役に立たないじゃないか」と、最愛の祖母を支えたい気持ちがありながらも、にわかに覚えた無力感。「当時、親の介護は女性の役目という時代。そんな事実にもひっかかった」。それまで関心のなかった社会の課題に対する「気づき」が深くなり、持ち前の行動力を発揮して志した市政。順風満帆なサラリーマン生活を手放すことに、「妻はあきらめさせようと周囲に働きかけていたみたい」と苦笑する。

 ○…根っからの理系で、機械いじり好きは相変わらず。中古部品を購入しては、車やバイクの修理に精を出す。だが、趣味のドライブはご無沙汰。大学生と高校生の娘がいるため、「なかなか自分の趣味に時間やお金を費やすことができなくてね」と、父親の表情をのぞかせる。それでも、毎晩欠かさない晩酌が、「社会人1年目の長男と車の話をしながら、一緒に飲めるようになったのが楽しくて」と嬉しそう。

 ○…4月の統一地方選挙は、過去最低の投票率を記録。なかでも、若年層の選挙離れを危惧する。しかし自身の経験になぞらえ、「街の課題が見えてくるのは、結婚や家族が増えたタイミング。でも、いずれ自分たちの将来に関わってくる問題だから、市政に関心をもってもらう仕掛けづくりをしていかないと」。「小田原っていいよね」と言われる街づくりのため、目指すのは腰を据えてじっくり話し合える議会だ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

柳瀬 敦さん

4月1日付で神奈川県県西地域県政総合センター所長に就任した

柳瀬 敦さん

茅ヶ崎市在住 59歳

5月25日

菊川 鉄也さん

小田原箱根商工会議所青年部(YEG)2024年度会長に就任した

菊川 鉄也さん

箱根町湯本在住 46歳

5月18日

永野 進さん

3月19日付で小田原警察署長に着任した

永野 進さん

小田原市在住 59歳

5月11日

山本 雪乃さん

5月5日に開催される「小田原大合戦」で高校生の部実行委員長を務める

山本 雪乃さん

開成町在住 18歳

5月4日

白川 秀信さん

神奈川県弁護士会県西支部長に就任した

白川 秀信さん

小田原市浜町在住 54歳

4月27日

石黒 太郎さん

(株)籠淸の専務取締役として、本店再建100周年事業を担う

石黒 太郎さん

小田原市城山在住 51歳

4月20日

あっとほーむデスク

  • 5月25日0:00更新

  • 5月18日0:00更新

  • 5月11日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook