小田原版 掲載号:2016年4月23日号
  • googleplus
  • LINE

小田原を拠点に活動する劇団「チリアクターズ」を主宰する 大島 寛史さん 市内久野在住 25歳

人の心がわかってこそ

 ○…ステージ上でスポットライトを浴び、皆の注目を一身に集める高揚感。中学時代、文化祭のクラス劇で「ヤミツキになる感覚」を味わい、進路も「自転車で通えて演劇部がある学校」を条件に西湘高校を選んだ。その後、桐朋学園芸術短大に進学し、仲間と劇団を結成。「あまり期待しなければ、それなりに楽しめる」との意を込めた名称は、「塵芥(ちりあくた)」と「アクター(俳優)」を掛け合わせて『チリアクターズ』。来週に迫る県内の劇団との合同公演では、演出を担当する。

 ○…「演劇は寝ている時間以外は勉強」。クールで淡々とした口調だが、発する言葉に力がある。「人はどんな時に、どんな表情や行動をするのか。電車が遅れたと怒っているおじさんも、街中で人目をはばからずに喧嘩しているカップルも、すべて表現の助けになる」。自然な演技力を養うための人間観察。いつしか、自分の言動さえも無意識に俯瞰していることに気づいた。「辛いことや、悲しいことがあった時でさえ、『ああ、こんな表情をするんだ』と客観的に見ている自分がいる。我を忘れて夢中になれなくなっているかな」と、その横顔が少し寂しそう。

 ○…サザンオールスターズの大ファン。「昨年初めてコンサートに行った。2回も。生き様がかっこいい」と、珍しく興奮気味。「桑田佳祐さんはお客さんを楽しませながら、自分自身も楽しんでいる。お客さんそっちのけで。でも、そんな姿を見るのがまた楽しい」と魅力を語り、「あんな風になりたいですね」。

 ○…「仕事とはいえ、相手の気持ちを考えているのだろうか」。熊本地震のニュースで、被災者に手当たり次第マイクを向けるレポーターに怒りを覚えた。さまざまな役柄を演じる俳優の仕事で重要だという「イメージ力」が、今の社会には欠如しているのではないか。だからこそ、「人がどう感じるかを常に考える演劇は、きっと実生活でも役立つはず」と考えている。

小田原版の人物風土記最新6件

鈴木 智明さん

20周年を迎えた神奈川県立生命の星・地球博物館友の会の会長を務める

鈴木 智明さん

1月20日号

石崎 健太郎さん

(公社)小田原青年会議所 第61代理事長に就任した

石崎 健太郎さん

1月13日号

青木 桃花さん

2018年小田原成人式「はたちの同窓会」の運営委員長を務める

青木 桃花さん

1月6日号

府川 健一さん

富士山マラソンで優勝した

府川 健一さん

12月16日号

井本 英明さん

全日本わんこそば選手権で前人未到の5連覇を達成した

井本 英明さん

12月9日号

和泉 克介さん

小中学生に陸上の指導をする

和泉 克介さん

12月2日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

安藤ニキさんが絵画展

安藤ニキさんが絵画展

清閑亭で24日から

1月24日~2月5日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク