神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

「現代の名工」として表彰された左官職人 三上 誠司さん 寿町在住 74歳

公開:2017年11月18日

  • X
  • LINE
  • hatena

鏝(こて)一丁、道を突き進む

 〇…卓越した技を持つ第一人者として厚生労働大臣から表彰された。「好きなことを58年間やってきただけ。何か大げさになっちゃって」と照れ臭そうな顔を見せる。ただ一筋、「左官道」を突き進んできた。「左官は鏝一丁の生命。壁を塗るだけではない、奥の深さが魅力」と語る。

 〇…津軽富士の麓、青森県中津軽郡東目屋村で生まれ育つ。中学を卒業後、職業訓練所で左官の基礎を学ぶ。実家からダットサンに揺られて約4時間、青森市の親方の元へ弟子入りしたのは16歳だった。住み込みでの見習い修業。飯炊きや床掃除などの雑用も辛いと感じたことはなかった。技は自らの目で覚えた。「職長になって認められたい」その一心で修行に励んだ。

 〇…東京、富士市と修行を重ね、職長として初めて仕事を任されたのは22歳の時。「やれば出来ると実感した。とにかく楽しかった」。25歳で独立。翌年、会社も設立し約50人の職人を抱える大所帯に。「夢中で怖さも知らなかった」。順調だった生活はオイルショックを機に一転。「仕事ない、セメントない。一番ないのは金だったよ」。会社は倒産、残った6人の職人と家族を連れ、仲間のツテを頼って小田原へ。「小田原の人は温かくて。仲間や家族、周りの人たちに助けられた。感謝しきれない」としみじみ。会社は失ったが左官職人としての腕があった。仲間と共に懸命に働き、仕事は再び軌道に乗った。現在は息子と(株)三上工業を営む。最近、孫も左官修行を始めた。「残りの人生は恩返しの時間。若い世代への技の伝承に力を注ぎたい」。自身は「職人として死ぬまで挑戦し続ける。その先に楽しさがあるから」。

 ○…休日は「酒を飲むか、鏝で花や風景の絵を描いているね」。仲間と語り合い酒を酌み交わすのが何より好きな時間。「1年のうち”368日”は酒を飲むかな」と笑顔。「でもカミさんは絵を描いている方が喜ぶけどね」と頬を赤らめた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

髙杉 涼平さん

ラストレターサービス「MEMORI」を開発する

髙杉 涼平さん

小田原市出身 28歳

2月17日

佐藤 玲惟(れい)さん

湘南ベルマーレフットサルクラブの選手で今シーズンでの引退を発表した

佐藤 玲惟(れい)さん

小田原市在住 27歳

2月10日

鶴井 望美さん

女性コミュニティー「小田原ウイメンプラス」の代表に就任した

鶴井 望美さん

小田原市城山在住 60歳

2月3日

猪瀬 慎一さん

公益社団法人 神奈川県LPガス協会小田原支部の支部長を務める

猪瀬 慎一さん

小田原市中町在住 58歳

1月27日

中村 弘行さん

戦時下の湯河原を舞台とする『みかん山の魔女』を出版した

中村 弘行さん

真鶴町在住 72歳

1月20日

窪田 清美さん

かながわ子ども・子育て支援奨励賞を受賞した「からたちハウス」の代表を務める

窪田 清美さん

小田原市板橋在住 

1月13日

あっとほーむデスク

  • 2月17日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook