御幸の浜海水浴場などでライフガードの総括責任者を務める 佐藤 泰彦さん スポーツプラザ報徳勤務 53歳

掲載号:2018年7月21日号

  • LINE
  • hatena

楽しい夏の立役者

 ○…生まれ育った平塚の家は、静かな夜に潮騒が届くほど海の近く。「ごく自然な流れ」で中学生から始めたサーフィンの延長線上にあったのがライフガードだった。スポーツプラザ報徳に勤務し、オフシーズンはスイミングスクールのコーチ、夏になると御幸の浜など市内外の海水浴場に出向する生活を送って四半世紀。「海とともに生きることが自分の人生」。この仕事に一生を賭ける覚悟だ。

 ○…サーフィンは出勤前の日課。「魅力はギリギリのところで波をかわすスリルかな。良い波に乗れた日は一日中気分がいい」。目じりにしわを刻む笑顔が実に楽しそうだ。一方、沖へ一気に引き込む離岸流の威力など、身をもって海の脅威を知る。「ベテランサーファーほど荒れた海へ無理に出ない。人命を預かるのに必要なのは、体力や泳力だけじゃない」。ライフガードを務めるのは、例年消防士をめざす学生や競技志向の若者たち。リーダーとして、365日海と向き合い培った「勘」を伝える。

 ○…新年は寒中水泳で始まり、その足で波乗りへ。年中海と暮らす男らしく、大らかで細かいことにこだわらない性格。日焼け対策も「まあ、それなりに」。だが、ボディーボードを始めた小学1年の愛娘のことになると、「女の子だから日焼けがちょっと。海って危ないしさぁ」と、途端に心配性のパパの顔がのぞく。

 ○…これまでに幾度となく救ってきた尊い命の中には、親が目を離した隙に溺れた子どももいた。飲酒後に泳ごうとする人の姿も珍しくない。サーフトリップで何度も訪れたハワイやオーストラリアのビーチに比べると、「日本人は自然に対する危機意識が薄い」というのが実感だ。愛する海で誰にも悲しい思いをさせたくない――。一瞬たりとも気の抜けない夏が、今年も幕を開けた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

天満 正俊さん

今年6月から(一社)神奈川県中小企業診断協会の代表理事 会長を務める

天満 正俊さん

小田原市南鴨宮在住 44歳

10月16日号

廣田 いとよさん

「箱根でパンと古本市」を10月9日に仙石原の本喫茶わかばで開催する

廣田 いとよさん

箱根町在住 47歳

10月9日号

伊久間 洋輔さん

湘南ベルマーレフットサルクラブの新監督に就任し、10月8日の初陣に臨む

伊久間 洋輔さん

藤沢市在住 45歳

10月2日号

玉田 麻里さん

真鶴町空き家バンク事業を運営する(一社)真鶴未来塾の代表理事を務める

玉田 麻里さん

真鶴町在住 44歳

9月25日号

三宅 愛さん

東京オリ・パラ組織委員会アンチ・ドーピング課の一員として大会運営に関わった

三宅 愛さん

小田原市蓮正寺在住 36歳

9月18日号

石塚 秦雪山さん(本名:俊夫)

現代風のアレンジを加えた「ポップス尺八」の奏者として活動する

石塚 秦雪山さん(本名:俊夫)

(公社)日本尺八連盟所属師範 71歳

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook