リハビリフェスタの実行委員長を務める 露木 昭彰さん 栢山在住 49歳

掲載号:2019年3月16日号

  • LINE
  • hatena

誰もが安心できる街へ

 ○…「第6回リハビリフェスタ」が3月24日に小田原アリーナ・サブアリーナで開催される。10年前に実施した前身のイベントから実行委員長を務め、障害者と介護、医療などの従事者がつながりを持てる場を提供する。「誰もが住みやすい地域にするために活動している人と地域の皆さんをつなげたい」という一心で尽力してきた。

 ○…開成町出身。役場職員の父が当時、保健や高齢者などを担当する課に勤めていたことで、小学生の頃から地域の課題などを耳にしていた。西湘高校に進み、将来を考え始めた時、父から「リハビリに関わる仕事をしてみたらどうか」とアドバイスを受け、箱根のリハビリ学校に進学。「家庭で介護を手伝っていたこともあり、地域のリハビリに対する意識や組織を発展させたかった」と、卒業後は厚木の県総合リハビリテーションセンターに就職。積み重ねた経験を地元に還元しようと2001年にリハビリ施設の足柄リハビリテーションサービスを設立した。今では「当事者と関係機関の人々のつながりが小田原は県下でもトップクラス」と評されるほどになった。

 ○…全国各地で講演会を行う。「趣味は仕事」。そこで必ず話すことだ。「障害のある方が主体性を持って暮らせる仕組みを作りたい」という思いを生活のすべてに注ぐ。

 ○…地元の建築士会と建築士事務所協会と連携し、小田原流家元会議を組織して障害者が暮らしやすい住まいづくりを考える取り組みにも参加する。今回のリハビリフェスタに初めてブースを設け、障害者目線の生活を体験し、大変さを知ってもらう働きかけも行う。「地域作りと住民の活性化こそが本当のリハビリと言えると思う」。誰でも住みやすい地域を作るために走り続ける。

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

永井 等さん

町立湯河原美術館で10年ぶりに絵画展を開催している

永井 等さん

湯河原町在住 53歳

6月12日号

大川 裕(ゆたか)さん

小田原市議会第64代議長に就任した

大川 裕(ゆたか)さん

小田原市扇町在住 56歳

6月5日号

佐藤 静さん

「minaka dayマルシェ」の実行委員として、中心的な役割を務める

佐藤 静さん

小田原市出身 39歳

5月29日号

皆木孝行さん

岩ガキ「鶴宝」の養殖事業を手掛ける(株)岩ガキBASE代表取締役

皆木孝行さん

真鶴町在住 39歳

5月22日号

菅井 達司さん

AKB48などに楽曲を提供する作曲家で、4月に小田原で音楽教室を開校した

菅井 達司さん

湯河原町在住 43歳

5月15日号

石塚 順一さん

2021年度小田原箱根商工会議所青年部(YEG)会長に就任した

石塚 順一さん

小田原市前川在住 46歳

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter