12月11日から都内で写真展「花としずく」を開催する 豊岡 保治さん 小田原市早川在住 69歳

掲載号:2019年11月30日号

  • LINE
  • hatena

一粒の雫に残す証

 ○…背景にセットした花や赤く色づいた葉が、手前の雫に映り込む小さな世界を切り取る――。15年前に小田原に移住して以来、身近に生息することに感動して撮り続けてきたホタルに区切りをつけ、昨年から取り組み始めたテーマだ。「雫にはものすごく広い範囲が映る。魚眼レンズよりも迫力ある写真が撮れるのが魅力」。箱根の山などでせっせと野草を採取しては、窓辺に差し込む朝陽をいかして作品づくりに励んでいる。

 ○…名古屋の高校を卒業後、海上自衛隊へ入隊。「山岳部に所属していた高校時代は中央アルプスや鈴鹿山脈で鍛えたので、次は海で泳げる仕事がしたくて。単純な発想だった」。入隊後、適正検査を経て配属されたのは写真要員。高速度カメラによる戦闘機の性能確認、災害派遣の事前調査、遠洋航海で表敬に訪れる各国の要人の記録など、撮影に関わるあらゆる任務に従事した。機内に吹き込むマイナス30度の冷気に耐えながらの撮影、機体が旋回する度にグッとかかる重力で倍の重さになるカメラ。過酷な環境も、今となっては貴重な思い出だ。

 ○…当時の定年は53歳。長いセカンドライフに選んだのは、好きが高じてカレー屋だった。料理は「肉の部位も知らなかった」という素人。だが、知人のシェフや精肉店の指導を仰ぎ、几帳面な性格もあって一切妥協のない味を追求してきた。「カレーのおいしさも、写真の美しさも、根本は似ていると思う」

 ○…蝶ネクタイ、ピンと伸びた背筋、丁寧な言葉遣い。その風貌に「ホテルマンだったのですか?」と尋ねられることもしばしば。ところが、ひとたびカメラの話題となれば、物静かな話しぶりにもわずかに興奮が伝わる。「カメラとは、私を表現するものです」

知ってますか?課題3本柱

財政危機、市立病院再建、防災・・・小田原の未来を語り合う

https://odawara-mirai.com

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

浦川慎太郎さん

誌上ドラム・コンテスト2019で準グランプリを獲得した

浦川慎太郎さん

小田原市飯泉在住 27歳

12月7日号

山口 仁さん

小田原の松原神社の例大祭を題材にした小説『鳳凰の羽(つばさ)』を出版した

山口 仁さん

小田原市堀之内在住 50歳

11月23日号

浅沼 宇雄(たかお)さん

第5回全国豆腐品評会で銀賞をとった「とうふ・生ゆば湯河原十二庵」の店主

浅沼 宇雄(たかお)さん

湯河原町在住 44歳

11月16日号

星崎 陽子さん

ミスなでしこ日本2019の神奈川県代表に選ばれた

星崎 陽子さん

小田原市役所職員 34歳

11月9日号

佐々木 健策さん

学芸員として小田原城天守閣の企画展を担当する

佐々木 健策さん

小田原城総合管理事務所 勤務 45歳

11月2日号

青木 健(たけし)さん

真鶴町議会の議長に就任した

青木 健(たけし)さん

真鶴町岩在住 67歳

10月26日号

小田原の未来をつくる会

「もったいないよ小田原」今の小田原土俵際 もうまったなし 

https://odawara-mirai.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク