ソフトボール秋季県大会で優勝した大窪タイフーンの監督を務める 菅野 孝一さん 小田原市板橋在住 49歳

掲載号:2020年12月5日号

  • LINE
  • hatena

熱く涙もろい名物監督

 ○…神奈川県の少年ソフトボールチームの頂点を決める秋季県大会で、大窪タイフーンを初優勝に導いた。小田原勢としても11年ぶりの快挙だ。「バッターボックスに入ったらその子が主役。思いっきり練習の成果を出してほしい」と、拮抗した試合でもバントのサインを出さない。常に「自信を持って振ってこい」と背中を押す。

 ○…少年時代は「緊張しやすく、気持ちがか細い子だった」と振り返る。小学校5年生でソフトボールを始めたのは、地元の大窪タイフーンだった。「2軍の補欠でした」とはにかむ。中学はサッカー部だったが、西湘高校で再びソフトボール部へ。人一倍の努力が実を結び、1年生の冬からレギュラーになると、強豪校にも勝って関東大会への出場も果たした。「物事に対する自信がつきました」。この経験から、子ども達には「努力すれば何でもできるよと伝えたい」と目を細める。

 ○…大学を卒業し、小田原市役所に入庁して28年。休日は欠かさず大窪小学校のグラウンドで選手と汗を流し、平日も仕事が終わると練習に駆けつける。試合で負けると子ども達に「申し訳ない」と謝りながら泣いてしまうほど熱く、そして涙もろい名物監督だ。そんな生活が長年続いていたせいか、コロナ禍で活動が休止すると「休日をどう過ごして良いのか分からなかった」という。

 ○…ソフトボールの醍醐味を「誰が主役になるかわからないところ」と語る。「運動が苦手な子も、努力を重ねれば活躍できる」と言葉に力がこもる。最近では、かつての教え子や卒団生でもある息子が指導に加わってくれる場面も多く、うれしそう。「真剣に取り組むなかで、楽しみを見つけてもらいたい」。温かい眼差しが印象的だ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

鈴木 陽介さん

サッカーU-12県トレセンでチーフコーチとして選手の育成に力を注ぐ

鈴木 陽介さん

小田原市飯泉在住 47歳

7月24日号

大木 健一さん

小田原市から約30年ぶりとなる神奈川県PTA協議会の会長に就任した

大木 健一さん

小田原市久野在住 47歳

7月17日号

最勝寺 朋子さん

ユニークな切り口で食品ロスの問題を扱った絵本『しらすどん』を描いた

最勝寺 朋子さん

小田原市蓮正寺在住 32歳

7月10日号

遠藤 康弘さん

さがみ信用金庫の新理事長に就任した

遠藤 康弘さん

開成町在住 65歳

7月3日号

秋山 勝さん

東京地方税理士会小田原支部の支部長に就任した

秋山 勝さん

小田原市城山在住 59歳

6月26日号

丸塚 正子さん

小田原足柄納税貯蓄組合連合会初の女性会長に就任した

丸塚 正子さん

湯河原町在住 72歳

6月19日号

あっとほーむデスク

  • 7月24日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter