神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

小田原市いこいの森の活性化や市内の各種イベント企画などに携わる 日下部(くさかべ) 昌克さん 小田原市飯田岡在住 51歳

公開:2021年3月13日

  • X
  • LINE
  • hatena

「地元を楽しむ」行動から

 ○…いこいの森では所長、おだわら文化事業実行委員会では各種イベントの仕掛け人、ある時はFMおだわらのラジオDJなど…。賑わいや文化発信の現場で頻繁に見かける人物として「何をやっている人?って良く言われますよ」と苦笑い。都心に出かけるようなイベントを「小田原でも出来るんじゃない?」という率直な思いで行動に移している。

 ○…インテリア関係の企業に就職するも「この仕事を続けていくのか」と感じた3年目に思い切って退職。カナダで1年過ごし、しばらくして市事業協会へ。物怖じせず周囲を巻き込む性格が奏功し、企画を任されるようになっていった。「子育てが一段落して、都内のライブに行くうちに知り合いが増えていって。ミュージシャンを招きプライベートでイベントを開催したのが始まり」。地元木材を使った楽器作りWS(ワークショップ)やクラフト市に音楽演奏を加えるなど、これまでの経験を仕事に組み入れていった。

 ○…「最近は休日も森でチェーンソーの人になっています」。現在は新しい働き方として行政も注目するワーケーションをキャンプ場で展開すべく企画に加わる。「自然の中で仕事ができたらストレスが解消される人もいるはず」。サブスクリプション(定額制)の利用プランを検討するなど、新しい発想を柔軟に取り入れる。

 ○…全国のイベントを巡り、感じるのは「その地域の魅力や価値に”外の人”が気づいている」こと。小田原も天守閣や物産は重要な要素として挙げつつ、多角的なもてなしが大切と説く。「これからも一緒に楽しめる仲間と『小田原に来て良かった』って感覚を残せるような仕掛けをしていきたい」。自ら動き、場を生み出す、そんな思いのまい進が続く。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

大曽根 一成さん

「2024 OUR KANAGAWA 展示商談会」の実行委員長を務める

大曽根 一成さん

小田原市曽我光海在住 44歳

4月13日

村場 十五(じゅうご)さん(本名:村場悦郎)

小田原俳句協会の会長に就任した

村場 十五(じゅうご)さん(本名:村場悦郎)

小田原市荻窪在住 77歳

4月6日

津田 かおりさん

箱根湯本の旅館で若女将を務めながらSDGsの啓発に励んでいる

津田 かおりさん

箱根町湯本在住 43歳

3月30日

乾 恒雄さん

県からSDGs表彰を受けた認定NPO法人小田原なぎさ会の理事長を務める

乾 恒雄さん

小田原市酒匂在住 70歳

3月23日

小澤 芳信さん

2023年度神奈川県レクリエーション協会の功労者表彰を受けた

小澤 芳信さん

小田原市栢山在住 91歳

3月16日

小川 尊也さん

箱根の人材不足対策プロジェクトでリーダーを務める

小川 尊也さん

(株)一の湯 代表取締役社長 38歳

3月9日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月13日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook