神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

ユニークな切り口で食品ロスの問題を扱った絵本『しらすどん』を描いた 最勝寺 朋子さん 小田原市蓮正寺在住 32歳

公開:2021年7月10日

  • X
  • LINE
  • hatena

出会いが紡ぐ新たな物語

 ○…謙虚に微笑みながら、「研究、芸術、環境保護、全てが中途半端だけど」と取り組む活動の一つに絵本づくりもある。「世の中が少しでも良くなったらいいのに」をモチベーションに物語を紡ぐ。今夏、デビュー作『しらすどん』(岩崎書店)が店頭に並ぶ。

 ○…幼稚園へ入園する際に小田原に引っ越し。身の回りのことに敏感で、好奇心も旺盛だった。慣れ親しんだ土地で住宅化が進み「友達と見ていた花がどんどん消えていく」様子を目の当たりにして、環境問題への意識を持ったという。2019年の台風で自宅近くの河川に大量のプラスチックごみが流れついた。すぐに、一人でごみ拾いを始めた。自然と周りの人たちを巻き込み「プラごみゼロ チームおだわら」が発足。ごみ拾いイベントなどを通じて、身近な川や海から海洋プラスチック問題を考えてもらう活動を続けている。

 ○…西湘高校卒業後に鳥取大学へ。「好奇心を解放し、自分の学科以外の授業も受講した」といい、首席で卒業。一度は研究職を志すも断念し、小田原に戻って(株)タウンニュース社の中途採用に応募した。この頃から、忙しい仕事の合間をぬって絵を描きためていたという。担当する秦野エリアで取材中に、後の師匠となる生物画家、舘野鴻さんに出会った。細密な絵のタッチやプロの絵本作家としての心構えなどを学び、2年前に会社を辞めて本格的に絵本制作を始めた。デビュー作『しらすどん』は食品ロスの問題を扱った作品。メッセージ性もあるが「どういう受け取り方をしてもいい」と、自分の思いを強く押し付けたりはしない。

 ○…時間をかけて完成させたが「まだまだ満足はしていない」。これからもさまざまなテーマを取り上げていくという。「実はストックがたくさんある。次は童話にも挑戦したいな」

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

大曽根 一成さん

「2024 OUR KANAGAWA 展示商談会」の実行委員長を務める

大曽根 一成さん

小田原市曽我光海在住 44歳

4月13日

村場 十五(じゅうご)さん(本名:村場悦郎)

小田原俳句協会の会長に就任した

村場 十五(じゅうご)さん(本名:村場悦郎)

小田原市荻窪在住 77歳

4月6日

津田 かおりさん

箱根湯本の旅館で若女将を務めながらSDGsの啓発に励んでいる

津田 かおりさん

箱根町湯本在住 43歳

3月30日

乾 恒雄さん

県からSDGs表彰を受けた認定NPO法人小田原なぎさ会の理事長を務める

乾 恒雄さん

小田原市酒匂在住 70歳

3月23日

小澤 芳信さん

2023年度神奈川県レクリエーション協会の功労者表彰を受けた

小澤 芳信さん

小田原市栢山在住 91歳

3月16日

小川 尊也さん

箱根の人材不足対策プロジェクトでリーダーを務める

小川 尊也さん

(株)一の湯 代表取締役社長 38歳

3月9日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月13日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook