神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

真鶴町長を務める 小林 伸行さん 真鶴町在住 48歳

公開:2024年3月2日

  • X
  • LINE
  • hatena

経験を生かし新しい風を

 ○…真鶴町長に就任して100日が経過。「全てが順調とは言えないが、町議会との無用な混乱、対立は生まれていない。ある意味では及第点」と振り返る。公共施設のリニューアルをはじめ、カーシェアやシェアサイクルなどやりたい事業も山積み。「職員との風通しもよくなってきた。一方で『勘弁してよ』という本音もあると思う。職員たちと面談し、一緒に前に進んでいくしかない」

 ○…福島県鏡石町出身。小学生だった当時、ふるさと創生事業で1億円で親族の会社でオルゴールを作り住民に配った町長に「子ども心に『おかしい。それなら自分が町長になる』と言ったら笑われた」。中学では校則に反発。高校からパンクロックに目覚め、社会の理不尽さを音楽にぶつけた。大学卒業後、地域情報誌と環境・CSRコンサルに携わり「環境破壊や人権問題は企業だけの問題ではない。レールを敷いているのは政治」と一念発起。33歳で政策秘書試験に合格、国会議員の政策秘書に。

 ○…「国を動かす難しさ」に直面する中、地方議員が政策を具体化させていく様子を目の当たりにし、35歳で横須賀市議選に初当選。13年間の在職中、小中学校の電力を入札に切り替えることを提案し費用削減などにつなげた。2020年に大学院に入学、広域連携をテーマに研究し、真鶴町の課題を知った。町長(当時)のリコール成立を受け「経験や学びを役立てたい」と出馬を決意した。

 ○…横須賀に家族を残し、単身で真鶴に。10年続けている趣味はシュノーケリング。「美しい真鶴の海に今シーズンこそ潜りたい」と笑顔。「これまでにない小さいけれど効率的で便利な暮らしやすい町に。一段飛ばしで実現させたい」

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

大曽根 一成さん

「2024 OUR KANAGAWA 展示商談会」の実行委員長を務める

大曽根 一成さん

小田原市曽我光海在住 44歳

4月13日

村場 十五(じゅうご)さん(本名:村場悦郎)

小田原俳句協会の会長に就任した

村場 十五(じゅうご)さん(本名:村場悦郎)

小田原市荻窪在住 77歳

4月6日

津田 かおりさん

箱根湯本の旅館で若女将を務めながらSDGsの啓発に励んでいる

津田 かおりさん

箱根町湯本在住 43歳

3月30日

乾 恒雄さん

県からSDGs表彰を受けた認定NPO法人小田原なぎさ会の理事長を務める

乾 恒雄さん

小田原市酒匂在住 70歳

3月23日

小澤 芳信さん

2023年度神奈川県レクリエーション協会の功労者表彰を受けた

小澤 芳信さん

小田原市栢山在住 91歳

3月16日

小川 尊也さん

箱根の人材不足対策プロジェクトでリーダーを務める

小川 尊也さん

(株)一の湯 代表取締役社長 38歳

3月9日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月13日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook