神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

真鶴町長を務める 小林 伸行さん 真鶴町在住 48歳

公開:2024年3月2日

  • X
  • LINE
  • hatena

経験を生かし新しい風を

 ○…真鶴町長に就任して100日が経過。「全てが順調とは言えないが、町議会との無用な混乱、対立は生まれていない。ある意味では及第点」と振り返る。公共施設のリニューアルをはじめ、カーシェアやシェアサイクルなどやりたい事業も山積み。「職員との風通しもよくなってきた。一方で『勘弁してよ』という本音もあると思う。職員たちと面談し、一緒に前に進んでいくしかない」

 ○…福島県鏡石町出身。小学生だった当時、ふるさと創生事業で1億円で親族の会社でオルゴールを作り住民に配った町長に「子ども心に『おかしい。それなら自分が町長になる』と言ったら笑われた」。中学では校則に反発。高校からパンクロックに目覚め、社会の理不尽さを音楽にぶつけた。大学卒業後、地域情報誌と環境・CSRコンサルに携わり「環境破壊や人権問題は企業だけの問題ではない。レールを敷いているのは政治」と一念発起。33歳で政策秘書試験に合格、国会議員の政策秘書に。

 ○…「国を動かす難しさ」に直面する中、地方議員が政策を具体化させていく様子を目の当たりにし、35歳で横須賀市議選に初当選。13年間の在職中、小中学校の電力を入札に切り替えることを提案し費用削減などにつなげた。2020年に大学院に入学、広域連携をテーマに研究し、真鶴町の課題を知った。町長(当時)のリコール成立を受け「経験や学びを役立てたい」と出馬を決意した。

 ○…横須賀に家族を残し、単身で真鶴に。10年続けている趣味はシュノーケリング。「美しい真鶴の海に今シーズンこそ潜りたい」と笑顔。「これまでにない小さいけれど効率的で便利な暮らしやすい町に。一段飛ばしで実現させたい」

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

伊藤 隆夫さん

一般社団法人日本ラウンドダンス協会会長を務める

伊藤 隆夫さん

小田原市本町在住 69歳

7月13日

勝俣 隆さん

長崎大学名誉教授で、『七夕伝説の謎を解く』を上梓した

勝俣 隆さん

小田原市北ノ窪在住 72歳

7月6日

鈴木 圭一さん

アナログゲーム「ちょっとずつ違う」シリーズの制作を手掛ける

鈴木 圭一さん

小田原市入生田在住 47歳

6月29日

岸 幸雄さん

下中たまねぎの農業体験を提供する「オーナー園部会」の部長を務める

岸 幸雄さん

小田原市小竹在住 51歳

6月22日

辻村 百樹(ももき)さん

辻村農園・山林の8代目当主で、株式会社T-FORESTRYの代表取締役を務める

辻村 百樹(ももき)さん

東京都在住 67歳

6月15日

関野 次男さん

小田原市自治会総連合の会長に就任した

関野 次男さん

小田原市南鴨宮在住 78歳

6月8日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

  • 6月15日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月6日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook