金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月13日号

5月2日に杉田劇場でピアノリサイタルを開催する

茂山 瑶(ひかり)さん

磯子区磯子在住 27歳

ショパンの思い再現したい

 ○…ポーランドから帰国後初となるピアノリサイタルを杉田劇場で開く。「地元でできることは本当にうれしい。小中学校の同級生や近所の方々など多くの人に成長した姿を見せられたら」と意気込む。60席のリハーサル室での開催は、至近距離で直の音を楽しんでもらうため。「ショパンは小さな部屋を想定して作曲していることも皆さんに知ってもらえたら」

 ○…磯子区山王台小、汐見台中出身。両親の勧めで4歳から近所のピアノ教室に。年上のお姉さんがショパンを弾いている姿に憧れを抱く。ただ、練習嫌いで技術は一向に向上しなかった。そんな中、音楽家への転機となったのが、中学3年生時の入院。進路を考えるタイミングでの入院生活で病室にあった電子ピアノを弾き続け「もっと真剣に勉強したい思いになった」。音楽科のある洗足学園に入学後は「休みの日も制服を着て学校に行き、狂ったように練習しました」と笑う。この3年間で得た知識や技術は現在の財産となった。

 ○…大学卒業後、2年半ほど音楽講師などをしながらコンクールに出場。「高校生の時からずっと胸の内にあった」という留学への思いを強くし2014年にポーランド国立ショパン音楽大学に。クラシックの本場を訪れたことで「日本であまり知られていない名曲も勉強することができた」。今後は楽譜についての研究にも力を入れていく考えで「敷居が高いと思われているクラシックをもっと身近に感じてほしい」。

 ○…両親が食に関する仕事をしていることから趣味は料理。音楽で行き詰っている時には、ポーランドの食材を使った料理を家族に振る舞い楽しく食事をするのがリラックス法。日常会話レベルで話すポーランド語をさらに学ぼうとこれからも語学レッスンに通う予定。「ショパンの思いを少しでも再現できたら」。凱旋リサイタルはその思いを形にする第一歩。「たくさんの方にショパンを感じてほしい」

6/4くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

中野 雅子さん

6月23日に杉田劇場でジャズライブを開催する

中野 雅子さん

5月25日号

蛯原 直美さん

今年度の横浜観光親善大使に選ばれ、街の魅力を発信する

蛯原 直美さん

5月18日号

加々美 マリ子さん

子ども食堂「すくすく」を立ち上げ、4月から毎月第一土曜に開催している

加々美 マリ子さん

4月27日号

伊藤 有壱さん

「全国都市緑化よこはまフェア」のシンボルキャラ「ガーデンベア」をデザインした

伊藤 有壱さん

4月20日号

幸野 ゆりあさん

4月8日(土)に2代目シーサイドラインプロモーションガールに就任する

幸野 ゆりあさん

4月6日号

榊 剛史さん

3月から定期開催となった「関内駅チカアート市」を主宰する

榊 剛史さん

3月23日号

<PR>

関連記事(ベータ版)

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『金澤八景』 田山花袋著(『東京近郊一日の行楽』博文館所収)文・協力/金沢図書館

    5月25日号

  • 六浦津と朝夷奈切通

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第4回

    六浦津と朝夷奈切通

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    5月25日号

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    磯子区岡村 三殿台遺跡

    5月25日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/