緑区版 掲載号:2011年5月26日号
  • googleplus
  • LINE

長津田駅北口前 歴史伝えるサロン開所 28日(土)、地域交流の場に

社会

サロン内には伐採材を利用して作られた作品が展示されている
サロン内には伐採材を利用して作られた作品が展示されている

 開発が進む長津田駅北口前に、誰でも立ち寄れる『ふれあいサロン長津田』が今月28日(土)開所する。同サロンは、街が新しくなっても住民のつながりや長津田の歴史を忘れないでほしいとの思いで、長津田周辺に住む7人が立ち上げたもの。「地域交流の場として利用して欲しい」とサロン開設準備委員会の大庭雅敦代表は話している。

 同サロンは、長津田地区の見どころ、景勝地として制定されている『長津田十景』や商店街マップなど歴史ある街の紹介を行っていく。地域住民が井戸端のように話ができる居場所、写真や絵画などを展示できる場所としての利用も予定されている。夏休みには子どもを対象に木工教室なども行っていきたいとしており、子どもからお年寄りまで、どの年代でも利用できるサロンを目指す。

 また、再開発地にあった長津田公園(通称=汽車ぽっぽ公園)内のサクラやケヤキの伐採材を利用した工作づくりの場にもなっており、長年住民に利用されてきた公園を忘れない取り組みも今後行っていく。

商店街も協力

 サロン立ち上げに際して、長津田商店街協同組合も運営費などを助成し協力している。中山勲理事長は「商店街のお店を利用してもらうためには、街に来てもらいやすい環境をつくる必要がある。サロンから地域交流が活発になり、長津田にもっと足を運んでもらえれば」と期待を寄せている。

 サロンは長津田以外の在住者でも予約不要で利用が可能。入場・利用料無料で飲料は実費負担。毎週金曜日の10時から15時までが利用時間で、来年夏までの限定開所の予定。

 「地域住民の交流が図られサロンから良いまちづくりの輪が広がってくれれば」と大庭さんは話している。なお、利用説明会が今月28日(土)10時から13時まで行われる。詳細は(【携帯電話】090・3242・4886)大庭さんまで。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

育てた米で団子づくり

三保小5年生

育てた米で団子づくり

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

市が民間団体と協定

ひとり親家庭支援

市が民間団体と協定

3月8日号

ラグビーW杯へ工事着々

日産スタジアム

ラグビーW杯へ工事着々

3月8日号

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク