緑区版 掲載号:2011年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

特別養護老人ホーム 入所待ち4090人 高齢化に整備追い付かず

特別養護老人ホーム入所申込者の状況
特別養護老人ホーム入所申込者の状況

 2011年4月30日現在、横浜市の高齢者(65歳以上)は約73万人で、そのうち約12万人が要介護認定者となっている。高齢化は今後急速に進み、団塊の世代が高齢期を迎える14年には、86万人(高齢化率23・1%)に達する見込みだ。市内では、介護を必要とする高齢者の受け皿不足が深刻化している。

 保育園に入れない子どもを「待機児童」と呼ぶが、特別養護老人ホームに入れない「待機老人」も社会問題となっている。特養は、常に介護が必要で、家庭での介護が困難な要介護度1〜5の人が対象の老人福祉施設。介護付き有料老人ホームと同様、常駐スタッフが、生活支援から介護サービスまでを提供。介護保険施設のため、費用負担が軽いのが人気の理由となっている。市内に134施設あるが、急速な高齢化に整備が追い付いていない。

 11年4月1日現在の入所待ち数(在宅)は、横浜市全体で4090人。区別では、南区の393人が最大で、鶴見区の326人がこれに続く。反対に入所待ちが少ない区は、高齢化率の低い都筑区の86人などとなっている。入所するまでに平均14カ月を要しており、市は、中期4か年計画で、13年までに12カ月にする目標値を定めている。

課題は医療対応

 市健康福祉局高齢施設課では、「施設は介護保険料を勘案しながら、概ね1年以内に入所できる水準として11年度は390床の整備を進めている」とし、入所待ちの人数については「将来を見越して申請している人もいるので、緊急性の高い人ばかりではない」と説明する。実際、要介護4〜5は2436人だ。問題なのは、大半の施設が医療的ケアに対応していないこと。このため、治療を要する人が長期にわたって待機老人となっているケースが多く見られる。市では「医療対応促進助成金」として今年度2億4000万円を計上するが、抜本的な問題解決には至っていない。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

育てた米で団子づくり

三保小5年生

育てた米で団子づくり

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

市が民間団体と協定

ひとり親家庭支援

市が民間団体と協定

3月8日号

ラグビーW杯へ工事着々

日産スタジアム

ラグビーW杯へ工事着々

3月8日号

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク