緑区版 掲載号:2012年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

区政運営方針 安全・安心なまち目指す 初の総合防災訓練を実施

社会

 緑区役所はこのほど、2012年度区政運営方針を発表した。昨年度に引き続き「安全・安心、みんなにやさしいまちづくり」を基本目標とし、今年度は、各地域防災拠点が連携した合同の防災訓練を初めて実施するなど、防災、災害対策に重点が置かれている。

 今回の運営方針では、目標達成にむけて、【1】安全・安心なまちづくり【2】いきいき暮らせるまちづくり【3】みどりの魅力あふれるまちづくりの3つの施策をあげている。

 安全・安心なまちづくりでは、来年3月11日に緑区総合防災訓練の実施を予定。各地域防災拠点での危機対応能力の向上を図るとしている。また、市が予定している防災計画「震災対策編」の修正を踏まえ、緑区防災計画の修正を行う。

 第2期緑区地域福祉保健計画「みどりのわ・ささえ愛プラン」の実現にむけ、取り組みを進めるのが、いきいき暮らせるまちづくり。この施策では、2012年4月現在、9人となった待機児童数を2013年4月までの解消にむけ、既存保育所の受け入れ拡大や保育資源の活用を企画、検討するとしている。

 みどりの魅力あふれるまちづくりでは、地産地消の推進、商店街の振興のほか、区民文化センターが2013年秋に開館することにともない、緑区における文化活動を支える人材の発掘、育成を進めていく。また、地域課題チャレンジ提案事業の実施では、各自治会と1つ以上の団体が連携し、地域課題の解決を目指す「連携コース」を今年度新設した。

区総合庁舎は耐震補強

 緑区が「早急に対応しなくてはいけない問題」としているのが、総合庁舎の耐震問題。現在、同庁舎は耐震基準に適合していないことからも、区では、今年度、耐震補強工事の実施設計を進める。工事は2014年度までに完了させる見通しだという。

 緑区の担当者は「津田区長になり4年目の体制ということもあり、区長が進める『安全・安心なまちづくり』にむけた運営方針となっております。今年度は緑区として初めて総合防災訓練を実施します。災害時は防災拠点での対応が重要となりますので、連携できるような体制強化を図りたい」と話している。
 

緑区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

水道管凍結 区内でも多発

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク