緑区版 掲載号:2012年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

緑区役所・火災予防協会 マップで帰宅困難者を支援 トイレ、水提供場などを掲載

社会

マップの表紙。広げると縦約42cm、横約57cmとなる
マップの表紙。広げると縦約42cm、横約57cmとなる

 緑区役所と緑火災予防協会は「緑区帰宅困難者支援マップ」を作成し、先月から区総務課で配布している。災害時に使用できるトイレや水の提供場などが掲載されており、今回の作成は、帰宅困難者対策が目的。「区単位でこのようなマップを作成するのは、珍しいと思う」と区の担当者は話している。

 緑区役所は2012(平成24)年度の区政運営方針の中で、「安全・安心、みんなにやさしいまちづくり」を基本目標としており、災害対策に力を入れている。昨年の東日本大震災では、区内主要4駅で帰宅困難者が発生したことから、「日頃の備えや地震発生時の対応、徒歩帰宅する場合の円滑な活動支援に必要な情報を掲載させて頂きました」と区の担当者は作成経緯を話す。

 作成されたマップは5000部で、災害発生時に水道水やトイレ、情報提供などを受けることができる、コンビニエンスストアやガソリンスタンドなどの災害時帰宅支援ステーション、公衆トイレや水道水の提供場などの細かな情報が掲載されている。マップの裏面には大震災時の対処方法や普段からの備えについて記載されているとともに、災害用伝言ダイヤルの利用方法も明記されている。

 また、普段から持ち運びできるように、折りたたみ時は縦約11cm、横約8cmの小型式となっている。「コンパクトなつくりで、持ち運びに便利なので、ぜひ利用頂ければ」と区の担当者は話している。

長津田駅では「震災時安全ハンドブッグ」を配布

 今月21日からは、東京急行電鉄株式会社でも、独自の「震災時安全ハンドブッグ」を発行し、区内では長津田駅で配布している。

 地震発生時、列車運転再開までの一時滞在施設や広域避難場所を東急線沿線37エリアに分けて表記しており、区内周辺では、長津田、田奈などの情報が載っている。
 

緑区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

水道管凍結 区内でも多発

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク