緑区版 掲載号:2012年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 「在宅介護」 に新サービス 課題は周知徹底

社会

 横浜市は10月1日から、中重度の要介護者や認知症高齢者の在宅生活を支える「訪問介護・看護」の新サービスを市内全区で開始した。高齢者人口が増え続ける中、充実した在宅サービスを推進するのが目的だ。一方、サービス普及に向けた周知不足も課題となっている。

 これは今年4月の介護保険法改正に伴い、各自治体が事業者と連携し、「定期巡回・随時対応型訪問介護サービス」を行うもの。従来、受けるサービスの種類や回数で決まっていた利用者の自己負担額は、新サービスでは月額定額制に(要介護度により異なる)。一日複数回の定期訪問のほか、緊急時には専用端末を通じ、24時間訪問対応も受けられる。病院や老人ホームなどの「施設」ではなく、住み慣れた「自宅」で介護生活を送りやすくする狙いだ。 横浜市の統計調査では、市内65歳以上の高齢者人口は2030年に106万人に達する。また、2010年度の「横浜市高齢者実態調査」によると要介護者の72・3%が「在宅介護サービスを使い、自宅で暮らし続けたい」と答えている。

各区1事業者を指定

 このような背景を踏まえ市は今年度、公募した事業者の中から各区に1事業者を指定し、新サービスに取り組む。1事業者に限定したことに関して市担当者は「(新サービス普及に向け)事業者が安定したサービスを提供するには、利用者数の確保が必要となるため」としている。市は今後の利用者増加を見込み、14年度までに、さらに各区1事業者を増やす計画だ。

サービス利用者37人

 新サービスの利用者は10月15日現在、全区で37人。市は「現状、周知が行き届いていない。今後、広報などで案内をする」と話す。8月から先行して新サービスを行う、「ジャパンケア横浜長津田」(緑区)の利用者は5人。従来のサービスから3人が切り替えた。「利用者にとって、どちらのサービスが合うのか知るためにも周知が必要」と同社の佐川二三恵さんは話した。

 また、従来のサービス利用者からは「(新サービスは)知らなかった。ケアマネなどが代わり、介護プランを作り直すのは大変。今は従来のままでいい」という声もある。新サービス指定事業所以外で、従来のサービスを利用している人が新サービスを受けるには、事業所を代えることが必要。慣れたケアマネージャーやヘルパーなどが代わってしまうのも課題となる。

 同サービスに関する問い合わせは、市健康福祉局介護事業指導課(【電話】045・671・3466)へ。
 

緑区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

水道管凍結 区内でも多発

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク