緑区版 掲載号:2013年3月7日号
  • googleplus
  • LINE

3月11日緑区 総合防災訓練を初実施 拠点22カ所と受伝達確認

社会

 東日本大震災から2年をむかえる3月11日、緑区は「総合防災訓練」を初めて実施する。訓練は行政や地域、防災関連機関が連携したもの。「震災を忘れないためにも、3月11日に設定させて頂いた」と緑区担当者は話している。

 今回の訓練は、震災時などに「災害対策本部」となる緑区役所が、区民が避難する地域防災拠点22カ所全てに、デジタル移動無線を使用し、情報の受伝達をする。過去には、個別に行う訓練はあったが、地域防災拠点全てを対象に情報の受伝達訓練を行うのは今回が初となる。

2年前の教訓を生かす

 2011年3月11日の震災発生直後、横浜市内では、対策本部と地域防災拠点間で連絡が取りづらく、情報収集に時間を費やした地域があった。今回の訓練では、2年前の教訓を生かし、素早く情報の受伝達ができる方法を確認する。また、JRや東急電鉄、各地区センターとも合同で行い、帰宅困難者や駅の状況、受け入れ態勢などの情報確認作業を実施する。

 緑区役所担当者は「無線を一度に使用すると回線の取り合いになり、つながりにくくなる。今回はスムーズに連絡が取れる方法を確認したい」と話す。

 拠点の一つである長津田小学校地域防災拠点でも、震災直後、対策本部と連絡が取りづらかったという。同小地域防災拠点運営委員会の井上俊之助委員長は「情報受伝達の訓練を実施することで、さらなる改良点がでてくる。災害が発生してからでは遅く、このような訓練を数多く実施し、いざに備える必要があると思う」と話し、訓練の重要性を訴える。

区民の意識にも変化

 また、長津田小学校では1月に防災訓練を実施し、井上委員長によると、震災前は約50人だった参加者の数が今年は倍以上になったという。「震災時の行動を家族で確認されている方が多かった。震災以降、区民の方々の防災、災害に対する意識は高くなっていると感じている」と井上委員長は話す。

 緑区では、防災訓練などを通じて、区民の災害や減災に対する意識向上に努めていきたい考えだ。
 

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク