緑区版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

中山商店街 「紫陽花(あじさい)まつり」を初開催 約千株の花で集客図る

文化

植栽を行う加藤理事長(右)ら
植栽を行う加藤理事長(右)ら
 中山商店街協同組合(加藤龍昭理事長)は、6月2日から16日まで「紫陽花まつり」を初めて開催する。中山から四季の森公園へ続く、プロムナードをアジサイ一色にするとともに一部商店街店舗ではセールなどを行い、集客を図る。

 まつり期間中は、約1000株のアジサイが約700mのプロムナードに連なり「紫陽花ロード」となる。初日となる2日にはオープニングイベントとして、寺山保育園駐車場で写真パネル展や出店なども予定されている。一部の商店街店舗ではセールも行われる。

 「紫陽花まつり」は、商店街が進める、中山を花の名所にする「花いっぱい、人いっぱい事業」の一環として開催される。同事業は、横浜市商店街課題解決プランに選定されており、昨年から取り組まれている。ほおずき市、秋の花まつり、桜まつりと一年を通して花のイベントを行い、商店街を含めた中山地区への集客を図っている。

 「紫陽花まつり」に関しては、昨年6月から準備が進められ、年4回、アジサイを植栽。プロムナードにはもともと、アジサイが咲いていたことから、これに追加して植えることで名所にすることを企画した。年4回の植栽では、商店街組合員のほか、ボランティアが参加。寺山町在住の人など一回に30人を超える協力があり、プロムナード沿いに住む人からは水の提供などもあった。

 「地域の方や行政など、予想を上回るたくさんの方々の支えがあって開催することができます。感謝しております」と加藤理事長は話す。

青少年育成の場にも

 同事業には、中山中学校の生徒もボランティアに加わっている。同商店街では、生徒が参加する環境を作ることで、事業を通して社会奉仕や地域との繋がりを学んでほしいと考えている。商店街の活性化とともに青少年育成にも取組む、街づくりとしても事業を運営している。加藤理事長は「この季節になったら、中山のアジサイの名所に行きたいと思われる事業にしていきたい。今年は第1回目のスタートですが、2回、3回と続けられるようにしていけたら」と話している。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク