緑区版 掲載号:2013年7月25日号
  • googleplus
  • LINE

緑区 手足口病が急増 国が定める警報レベルに

 全国的に増加傾向にある「手足口病」の患者が緑区でも急増している。横浜市によると、緑区の患者数は14日現在、定点あたり12・75人と、国が注意が必要と定める警報レベル(定点あたり5人以上)に達している。

 手足口病は、1歳前後の乳幼児によく見られる症状で、発熱と食欲不振で始まり、のどの痛み、手のひらや足の裏などに発疹ができる。今年は発疹が大きく、例年よりも体の広範囲に発症する傾向が見られるという。

 市が18日、発表した発生報告状況によると、6月10日から7月14日までの市内患者の年齢別の割合は、1歳が32・9%と最も多く、2歳が21・1%、1歳未満が12%だった。

 主に患者ののどや鼻の分泌物、便のなかのウイルスが、周囲の人の手などによって口や鼻のなかに運ばれて感染するケースが多いため、「よく手を洗うこと」「患者の便には触らない」などが予防策となる。

 市内の感染病を分析している横浜市衛生研究所は「大流行した2011年と同じぐらいの増加を見せている。8月の終わりごろまで流行が続くのでは」とみている。

周知が必要

 予防には、区民への周知も必要となる。1歳の女児をもつ、鴨居在住の主婦は「身近でそんな病気が流行っているとは知らなかった。もっと詳しいことを知りたい」と戸惑った様子で話す。

 1歳児前後の乳幼児が多く通う、区の地域子育て支援拠点「いっぽ」では、消毒を使った手洗いなどを徹底させて防止に取り組んでいる。

 同施設代表の松岡美子さんは「8月にかけて子どもたちがプールに行く機会が増えると、更に増加していく可能性がある。緑区などと連絡を密にして対策を考えていきたい」と話している。

 市は「現在は市のホームページ上のみで注意を呼びかけているが、状況に応じて、新たな手段での周知を図っていきたい」としている。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク