緑区版 掲載号:2014年9月18日号 エリアトップへ

横浜市中期計画案 「水素自動車」普及盛り込む 目標は「4年で50台」

掲載号:2014年9月18日号

  • LINE
  • hatena
FCV車を紹介するイベントは市内各所で行われている
FCV車を紹介するイベントは市内各所で行われている

 この程公表された2014年度から2017年度までの「横浜市中期4か年計画」(素案)の中で示された施策の一つとして「水素自動車の普及」が掲げられた。市のエネルギー政策の中で、水素エネルギーを用いた取り組みが盛り込まれるのは初めて。

 二酸化炭素を排出しない低公害車として環境面でも注目される「水素自動車」について、横浜市は早くから着目。水素エネルギーで走行する燃料電池自動車(FCV)を2004年に首都圏の自治体として初めて導入。将来的な普及を見据え、市民へのPRや検証データの蓄積を行ってきた。

国の政策と連動

 2012年まで継続されたこの検証期間中、水素を用いた発電システム「エネファーム」(家庭用燃料電池)の急速な普及などもあり民間レベルでの技術開発が加速。同時に2004年当時は1台1億円ともいわれたFCVの価格が最近では700万円程度にまで引き下げられ、今年度中には一般販売も予定されるなど実用へ向けた動きも本格化。国も2013年度のエネルギー基本計画の中で活用推進を明言。「水素」が、エネルギー政策における重要な位置付けとなっている。

インフラ整備支援も

 こうした背景を踏まえ市では、行政を運営する上で基軸となる「中期4か年計画(素案)」の中で「横浜の経済的発展とエネルギー循環都市の実現」に向けた戦略の一つとして掲げた「再生可能エネルギー等の導入促進」の個別計画として「水素エネルギーの活用」について初めて言及。電気自動車(EV)よりも低公害とされるFCVの普及に努め、現時点では素案ながら「4か年での燃料電池自動車の市内普及50台を目指す」と明示している。さらに燃料を補給するガソリンスタンドに相当する「水素ステーション」についても、整備・活用可能な遊休地を民間業者に紹介するなど、インフラ整備を側面からサポートする方針。「今後は家庭用燃料電池の普及促進も含め、技術開発の動向を踏まえつつ様々な分野における水素エネルギーの活用を検討していきたい」(市担当者)としている。

 「中期4か年計画」で掲げられている個別の施策等については現在、開かれている市会定例会で議論されているほか、市民からの意見公募なども行われている。

緑区版のトップニュース最新6

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

鴨居の桜5本を伐採

緑区

鴨居の桜5本を伐採 社会

「倒木の危険から守るため」

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

住民提案で静かな夏祭り

東向地団地自治会

住民提案で静かな夏祭り 社会

夜の川辺にランプ灯し

9月9日号

若手社員表彰制度を導入

建設業協会緑区会

若手社員表彰制度を導入 社会

「意識向上になれば」

9月2日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月2日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook