緑区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

東本郷地区 バス通りの歩道、一部拡張 住民主導で実現へ

社会

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena
工事予定箇所を確認する堀会長
工事予定箇所を確認する堀会長

 「東本郷まちづくり協議会」(堀勝幸会長)が現在、「市道鴨居88号線」バス通りの歩道の一部拡張に向けた協議を緑区と進めている。大型バスが通過する同線には歩道がない箇所もあり、通学通勤者の安全確保を目的に3月末から工事を開始する予定だ。

 今回工事の対象となる「市道鴨居88号線」の区間は、港北区小机方面からJR鴨居駅に向かう大型バスが通る幹線道路。

 歩道の幅が10センチ程度のところや歩道が全くない箇所があるため、同線を通学に利用する東本郷小学校児童やバスを待つ人らは、常に車との接触の危険にさらされてきたという。

 「東本郷まちづくり協議会」は歩道拡張による安全な歩行空間の確保を目指し、2013年に緑区などと危険な箇所を特定。その道沿いの地権者に歩道拡張への協力依頼を行ってきた。

 14年4月に、地権者から無償で土地を借りられることになったことから、今回の工事の実施が決定。同会らは歩道整備方法などを話し合ってきた。

 決定した工事区間は「みどり養護学校入口」交差点付近から、JR鴨居駅方面へ向かう約50mの片道。人一人が通れることを想定し1m幅を基本としたアスファルトの歩道を予定している。一部、土が盛り上がった箇所には土留めを設置して雨が降っても土が歩道に流れ込まないようにする。

 工事は緑土木事務所が担当し、3月末から5月中の完成を目指し進めていく方針。

 同会の掘会長は「地権者の方々のご厚意で実施できる。本当にありがたいこと。今後も地権者との交渉を重ね、歩道整備を延伸させていきたいと思う。今回の取り組みを、住民の手で安全安心のまちづくりを進めていくひとつの事例として緑区内に広めていきたい」と話している。

 同線を車で利用する住民のひとりは「この道路は、車と歩行者との車間距離がほとんどない箇所が多く、運転するのが怖いと感じることがあった。運転する側からも歩道拡張は歓迎」と今回の取り組みに賛成している。
 

緑区版のトップニュース最新6

還元金額5%と低調

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%と低調 経済

利便性に課題か

1月20日号

刑法犯が減少傾向

緑警察署管内

刑法犯が減少傾向 社会

人身事故件数は増加

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

おみくじで、本を推薦

緑図書館

おみくじで、本を推薦 文化

新しい本との出合いに

1月13日号

「かつての賑わい取り戻す」

新春インタビュー

「かつての賑わい取り戻す」 社会

岡田区長、抱負を語る

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月1日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook