緑区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

北西線 北八朔地区で本格着工 21年度中の完成目指す

社会

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena
大型重機が並ぶ北八朔地区
大型重機が並ぶ北八朔地区

 横浜市と首都高速道路(株)が事業を進める、東名高速道路と第三京浜道路を結ぶ約7・1Kmの自動車専用道路「横浜環状北西線」。市は2021年度の完成に向け、このほど北八朔地区=緑区=で土留壁の築造に着手した。市が請け負う本線部分の工事着手は初となる。

 北西線は、東名高速横浜青葉インターチェンジ(IC)=青葉区下谷本町=を起点とし、第三京浜港北IC=都筑区川向町=を終点とする道路。全長約7・1Kmのうち約4・1Km(北八朔地区〜都筑区東方町)はトンネル区間となる。

 現在建設中で、16年度完成予定の「横浜環状北線」と港北ICで接続すれば、市北西部と横浜都心・湾岸エリアとの連絡が飛躍的に強化される。市の実測によると、東名高速横浜町田ICと横浜港への所要時間が保土ケ谷バイパス経由で約40分〜60分かかっていたのが約20分に短縮される見込み。さらに、緊急車両の通行や物資の輸送などによる防災面の強化、保土ケ谷バイパスの渋滞解消などの効果が期待されている。

用地取得は90%

 同地区で始まった工事は、土砂崩れを防ぐ「土留壁」の築造。青葉IC側に向かう開削トンネルと、港北IC側へと進むトンネルを作るために使う「シールドマシン」を地中に組立・発進させるための立杭設置に先立って行われている。

 工事には環境に配慮したECW工法(Ecology wallの略称)が用いられ、土と硬化剤を混ぜ合わせた後、H鋼を入れることによって壁体を作る。同地区では、最大で7台の機械が稼働するという。また、現場近くには北西線情報掲示板が設置され、工事概要リーフレットと毎月の工事予定表の掲示が行われる。

 北西線の建設にあたっては、12年に都市計画事業認可を受け、13年から用地権利取得などが進められてきた。市道路局横浜環状北西線建設部の担当者は「しっかりと工事を進めて、21年度中の完成を目指したい。また、用地取得は現状で90%とすべてが終わっているわけではなく、今後も工事と同時並行で進めていきたい」と話した。

緑区版のトップニュース最新6

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月12日号

入居者の「働きたい」を支援

グループホーム水車の里

入居者の「働きたい」を支援 社会

施設内でアイスの店開始

9月12日号

県中学新記録で全国V

十日市場中山田暉斗(あきと)くん

県中学新記録で全国V スポーツ

全中男子砲丸投げ

9月5日号

市立中3生、英語で2位

全国学力テスト

市立中3生、英語で2位 教育

学習意欲の高さ要因か

9月5日号

空き家対策に一手

東本郷ばらの会自治会

空き家対策に一手 社会

樹木の枝落としなど作業

8月29日号

IR誘致を正式表明

横浜市

IR誘致を正式表明 政治

カジノに波紋広がる

8月29日号

歩道上に違法駐車対策

中山駅南口

歩道上に違法駐車対策 社会

地元住民らの要望形に

8月22日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク