緑区版 掲載号:2015年5月28日号
  • googleplus
  • LINE

北西線 北八朔地区で本格着工 21年度中の完成目指す

社会

大型重機が並ぶ北八朔地区
大型重機が並ぶ北八朔地区
 横浜市と首都高速道路(株)が事業を進める、東名高速道路と第三京浜道路を結ぶ約7・1Kmの自動車専用道路「横浜環状北西線」。市は2021年度の完成に向け、このほど北八朔地区=緑区=で土留壁の築造に着手した。市が請け負う本線部分の工事着手は初となる。

 北西線は、東名高速横浜青葉インターチェンジ(IC)=青葉区下谷本町=を起点とし、第三京浜港北IC=都筑区川向町=を終点とする道路。全長約7・1Kmのうち約4・1Km(北八朔地区〜都筑区東方町)はトンネル区間となる。

 現在建設中で、16年度完成予定の「横浜環状北線」と港北ICで接続すれば、市北西部と横浜都心・湾岸エリアとの連絡が飛躍的に強化される。市の実測によると、東名高速横浜町田ICと横浜港への所要時間が保土ケ谷バイパス経由で約40分〜60分かかっていたのが約20分に短縮される見込み。さらに、緊急車両の通行や物資の輸送などによる防災面の強化、保土ケ谷バイパスの渋滞解消などの効果が期待されている。

用地取得は90%

 同地区で始まった工事は、土砂崩れを防ぐ「土留壁」の築造。青葉IC側に向かう開削トンネルと、港北IC側へと進むトンネルを作るために使う「シールドマシン」を地中に組立・発進させるための立杭設置に先立って行われている。

 工事には環境に配慮したECW工法(Ecology wallの略称)が用いられ、土と硬化剤を混ぜ合わせた後、H鋼を入れることによって壁体を作る。同地区では、最大で7台の機械が稼働するという。また、現場近くには北西線情報掲示板が設置され、工事概要リーフレットと毎月の工事予定表の掲示が行われる。

 北西線の建設にあたっては、12年に都市計画事業認可を受け、13年から用地権利取得などが進められてきた。市道路局横浜環状北西線建設部の担当者は「しっかりと工事を進めて、21年度中の完成を目指したい。また、用地取得は現状で90%とすべてが終わっているわけではなく、今後も工事と同時並行で進めていきたい」と話した。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク