緑区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

手足口病 3週連続で警報値超え 過去10年で最大の流行に

社会

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena

 初夏から初秋にかけ流行する感染症「手足口病」が横浜市内で大流行の兆しを見せている。緑区内でも7月に入り3週連続で警報値を超えた。1週間で患者数が倍増しており、市では臨時情報を出すなどして警戒している。

 手足口病は乳幼児や子どもを中心に罹患する感染症。発熱や口の中の痛み、水泡をともなった発疹がでるのが特徴。感染経路は飛沫感染や接触感染が主だという。重症化するとまれに脳炎などを引き起こすケースがあると言われる。

 横浜市では1995年に週間患者数(定点あたり)が12・4人に達するなど大流行した。以来、2011年にも同様の流行があったが、今年はその値を大きく上回る大流行が危惧されている。

 横浜市衛生研究所によると、今年6月下旬以降、市内の患者数は急激に増加し始め、7月13日から19日までの定点あたりの患者数は15・85と過去10年で最大となった。

 緑区内の患者数も、6月29日から7月5日までの1週間で5・2と、市が流行警報を発令する基準値(定点あたり5・00)を超え、翌週には9・0と増加。更にその翌週には19・75と急増している。

1歳児の罹患が最多

 直近の過去5週間の患者を年齢別に見ると、1歳児が25・5%と最も多い割合。続いて2歳児(19・2%)、3歳児(15・8%)と5歳以下が全体の89・5%を占めた。市はこの流行がしばらく続くとみて、乳幼児の感染予防を中心に注意を呼びかけている。

タオルの共用など避けて

 手足口病には特効薬が存在せず、予防策としては感染を防ぐ策が有効とされている。乳幼児の感染予防としては、手洗いの励行と排泄物の適切な処理に加え、子ども間でのタオルの共用を避けることなどがあげられる。

 横浜市健康福祉局健康安全課と横浜市衛生研究所感染症・疫学情報課の担当者は「手足口病流行の原因はわからないが、基本的な感染症予防を徹底していくしかない。発疹がでるので、『もしかして』と思ったら、病院に行ってほしい」と、注意を呼びかけている。

緑区版のトップニュース最新6

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

助け合える街作り促進

霧が丘の団体「まちプラ」

助け合える街作り促進 文化

「気軽に参加してほしい」

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

ツシマヤマネコ 繁殖成功

ズーラシア

ツシマヤマネコ 繁殖成功 社会

人工授精で国内初

4月15日号

集団接種を5月中旬開始

コロナワクチン

集団接種を5月中旬開始 社会

個別接種も6月以降に

4月15日号

丸産技研が命名権取得

長津田北口歩道橋

丸産技研が命名権取得 社会

1日から愛称を標示

4月8日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter