緑区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

「“生物好き”高校生増やせ」 東工大で恒例コンテスト

教育

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena
準備に奔走する(右から)太田教授、山岡さん、上岡さん、砂原さん
準備に奔走する(右から)太田教授、山岡さん、上岡さん、砂原さん

 東京工業大学すずかけ台キャンパスで学ぶ学生らが、高校生を対象に、バイオをテーマにした教材作りを競う「バイオコンテスト」を今年も企画している。創造性やものづくりの魅力を伝え、将来バイオの分野を志す”若い才能”を育てる取り組みだという。

教材作り競う

 「高校生バイオコン」と銘打ち、近隣の高校生が小中学生向けの教材を開発するコンテストの企画が始まったのは今から8年前。「ものづくり教育」をテーマに、学生の創造性を育む目的で、学内で行っていた教材コンテストを高校生に向けて発信しようと、同大学院生命理工学部研究科副研究科長の太田啓之教授を中心としたグループが始めた。以来、学生サークル「BCS」のメンバーらが運営を担っている。

 開始以来、回を重ねるごとに参加高校が増え、関東近隣の高校だけでなく、四国や新潟県など全国から出場を志願する高校も現れた。8回を数える今回も全国から7校11チームが参加を決めている。

 参加するチームは主に高校の生物系サークルなどが中心だが、近年では物理系部活なども名を連ねる。参加者らは「花粉」や「昆虫」と言った小中学生の学習テーマを題材に、体感的に学べる教材を開発。コンテストでは、その完成度や創造性などについて審査員や来場者が得点を付ける。会場には近隣の小中学生や一般の来場者なども招き、実際に教材に触れる「教材お試しタイム」を設けるという。

大学生がアドバイス

 運営に携わる学生らは、夏休みなどを利用し、参加チームのある高校に足を運んで、教材の構想段階からアドバイスを行う。学生のひとり、上岡未来さん(生命理工学部生命科学科2年)は「構想段階で様々な壁にぶちあたる高校生と向き合うたび、やりがいを感じる」と話す。

 またサークルの代表でもある砂原和充さん(同学部生命工学科3年)は「高校生の発想は私たちにとっても大いに刺激になる。そんな視点があったのかといつも驚かされる」と話す。

理科離れに危機感

 こうした取り組みの背景には小中高生の理科離れに派生する「バイオ離れ」を食い止めようという思いがある。太田教授によると、やはり若者の理科離れには皆が危機感を抱いており、「こうしたコンテストを通じ、自分の理解を更に深めることはもちろん、人に教える立場になって初めて気付く発見などに目を向けていただければ」と付け加える。

 開催日は11月7日(午前9時45分開始)。会場は同キャンパス「すずかけホール3階(多目的ホール)」。入退場は自由(入場無料)。リーダーとしてこのコンテストの舵を取る山岡大貴さん(同学部生命工学科2年)は「バイオに興味のある小中学生の皆さんにぜひ足を運んで欲しい。高校生が頭を悩まし開発した教材に触れて」と話す。

緑区版のトップニュース最新6

霧が丘の団体が1次通過

ヨコハマ市民まち普請事業

霧が丘の団体が1次通過 文化

地域のたまり場を目指す

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

「感動させる走りしたい」

陸上男子110ⅿH泉谷駿介選手

「感動させる走りしたい」 スポーツ

東京五輪代表に

7月15日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

通告・相談件数が過去最多

横浜市児童虐待

通告・相談件数が過去最多 社会

社会的関心の高まり背景

7月8日号

岩川堰(ぜき)が緑区遺産に

下長津田自治会推薦

岩川堰(ぜき)が緑区遺産に 社会

「歴史知るきっかけに」

7月8日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter