緑区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

「“生物好き”高校生増やせ」 東工大で恒例コンテスト

教育

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena
準備に奔走する(右から)太田教授、山岡さん、上岡さん、砂原さん
準備に奔走する(右から)太田教授、山岡さん、上岡さん、砂原さん

 東京工業大学すずかけ台キャンパスで学ぶ学生らが、高校生を対象に、バイオをテーマにした教材作りを競う「バイオコンテスト」を今年も企画している。創造性やものづくりの魅力を伝え、将来バイオの分野を志す”若い才能”を育てる取り組みだという。

教材作り競う

 「高校生バイオコン」と銘打ち、近隣の高校生が小中学生向けの教材を開発するコンテストの企画が始まったのは今から8年前。「ものづくり教育」をテーマに、学生の創造性を育む目的で、学内で行っていた教材コンテストを高校生に向けて発信しようと、同大学院生命理工学部研究科副研究科長の太田啓之教授を中心としたグループが始めた。以来、学生サークル「BCS」のメンバーらが運営を担っている。

 開始以来、回を重ねるごとに参加高校が増え、関東近隣の高校だけでなく、四国や新潟県など全国から出場を志願する高校も現れた。8回を数える今回も全国から7校11チームが参加を決めている。

 参加するチームは主に高校の生物系サークルなどが中心だが、近年では物理系部活なども名を連ねる。参加者らは「花粉」や「昆虫」と言った小中学生の学習テーマを題材に、体感的に学べる教材を開発。コンテストでは、その完成度や創造性などについて審査員や来場者が得点を付ける。会場には近隣の小中学生や一般の来場者なども招き、実際に教材に触れる「教材お試しタイム」を設けるという。

大学生がアドバイス

 運営に携わる学生らは、夏休みなどを利用し、参加チームのある高校に足を運んで、教材の構想段階からアドバイスを行う。学生のひとり、上岡未来さん(生命理工学部生命科学科2年)は「構想段階で様々な壁にぶちあたる高校生と向き合うたび、やりがいを感じる」と話す。

 またサークルの代表でもある砂原和充さん(同学部生命工学科3年)は「高校生の発想は私たちにとっても大いに刺激になる。そんな視点があったのかといつも驚かされる」と話す。

理科離れに危機感

 こうした取り組みの背景には小中高生の理科離れに派生する「バイオ離れ」を食い止めようという思いがある。太田教授によると、やはり若者の理科離れには皆が危機感を抱いており、「こうしたコンテストを通じ、自分の理解を更に深めることはもちろん、人に教える立場になって初めて気付く発見などに目を向けていただければ」と付け加える。

 開催日は11月7日(午前9時45分開始)。会場は同キャンパス「すずかけホール3階(多目的ホール)」。入退場は自由(入場無料)。リーダーとしてこのコンテストの舵を取る山岡大貴さん(同学部生命工学科2年)は「バイオに興味のある小中学生の皆さんにぜひ足を運んで欲しい。高校生が頭を悩まし開発した教材に触れて」と話す。

緑区版のトップニュース最新6

80代プログラマーに学ぶ

緑区制50周年記念講演会

80代プログラマーに学ぶ 社会

高齢者の生きがいテーマ

7月11日号

市負担増で見直しへ

敬老パス

市負担増で見直しへ 社会

検討会設置し、方向性探る

7月11日号

学校・病院、全面禁煙に

健康増進法7月1日改正

学校・病院、全面禁煙に 社会

市、1万4千施設調査へ

7月4日号

林市長と課題など共有

区民音楽祭実行委

林市長と課題など共有 文化

24日の「ぬくもりトーク」で

7月4日号

フレーム切手を共同作成

緑区制50周年記念

フレーム切手を共同作成 社会

7月1日販売開始

6月27日号

諸対策講じ受診率向上へ

市特定健診

諸対策講じ受診率向上へ 社会

無料化認知進み、問合せ増

6月27日号

環境大臣表彰を受賞

三保小学校

環境大臣表彰を受賞 教育

写真撮影で魅力発見

6月20日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク