緑区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

中学校野球大会 緑区勢が年間制覇 鴨居・中山の活躍光る

スポーツ

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena
優勝旗を手に笑顔の鴨居中学野球部
優勝旗を手に笑顔の鴨居中学野球部

 11月3日に行われた「横浜市中学校秋季野球大会」で鴨居中学校が優勝を飾った。今年の春季、夏季大会は中山中学校が制しており、年内に行われた大規模な市大会すべてで緑区内の学校が優勝を果たす形となった。

 市内では毎年、春・夏・秋に大会が行われており、毎回約150の中学校が熾烈な戦いを繰り広げている。緑区では、これまで一つの大会を制することはあったものの、「すべてで優勝するのは初の快挙」と横浜市中学校体育連盟の担当は話している。

 秋季野球大会で優勝した鴨居中学校野球部は11月3日、サーティーフォー保土ヶ谷球場で生麦中学校と対戦。準決勝と決勝が同日に行われるダブルヘッダーのため、急きょ部長でショートの上田甲(こう)選手(中2)を投手に起用。不慣れなポジションにも関わらず見事な力投を見せ、無失点で勝利を飾った。

 森淳一監督は「今までにない程、選手層が厚いので、互いが競争心を持って練習に励んでいた。その結果全試合無失点という予想以上の成果が出せた」と笑顔で勝因を語った。

主力は少年選抜OB

 今年の鴨居中学、中山中学両校のスターティングメンバーの多くは、小学生時代に緑区内の選抜選手によって組織された「オール緑」のOB。オール緑は近年市内の大会でも好成績を収めており、中学にあがったあとも変わらぬ活躍をしている格好だ。オール緑事務長の小黒大治さんは「小学校のうちから仲間同士でも切磋琢磨し、大きな舞台を経験しているので中学でも物怖じせずに挑めるのでは」と分析している。

 オール緑は今年3月に行われた市大会「ベイエリア杯」でも3連覇を果たしている。こうした児童が中学に入る来年以降も緑区勢の活躍に期待がかかる。

緑区版のトップニュース最新6

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

助け合える街作り促進

霧が丘の団体「まちプラ」

助け合える街作り促進 文化

「気軽に参加してほしい」

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

ツシマヤマネコ 繁殖成功

ズーラシア

ツシマヤマネコ 繁殖成功 社会

人工授精で国内初

4月15日号

集団接種を5月中旬開始

コロナワクチン

集団接種を5月中旬開始 社会

個別接種も6月以降に

4月15日号

丸産技研が命名権取得

長津田北口歩道橋

丸産技研が命名権取得 社会

1日から愛称を標示

4月8日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

鴨居 宮内建設株式会社

困難を「技術力で」「安心」に変える会社です

http://www.miyauchi-construction.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter