緑区版 掲載号:2017年1月12日号 エリアトップへ

防災拠点看板、更新進む 区内147カ所の公園で

社会

掲載号:2017年1月12日号

  • LINE
  • hatena
デザインが変更された看板(左が新しいデザイン)
デザインが変更された看板(左が新しいデザイン)

 緑土木事務所は災害時に避難所となる小中学校などの「地域防災拠点」を示す案内板のリニューアルを区内公園で進めている。アルミ製の恒久的に使える仕様で、来年度中にすべての設置を完了させる予定。

劣化対策でアルミ製に

 今回の更新作業は東日本大震災直後から緑土木事務所に寄せられた「震災時の避難場所を明確に知りたい」といった声を受け、緑土木事務所が進めているもので、2012年度に設置していた木製看板をリニューアルする形で進められている。

 過去に設置したものは、木製で屋外に設置されていたため、経年劣化が著しく、文字が読めないものも多かった。新設された案内板は縦1m80cm、横45cm。支柱、看板どちらもアルミ製のデザインで恒久的に使える仕様だという。

 案内板には、設置された公園周辺の地域防災拠点が赤文字で大きく記載されているほか、公園の美化や見回り活動を行う「公園愛護会」による公園のマナーアップを求める文言が記載されている。通行人などが通りがかりに防災拠点を確認できるよう、ほとんどの案内板は公道に面した場所に設置したという。

17年度中に完了予定

 区は災害時の避難場所として22カ所の小中学校を地域防災拠点として設けているほか、震災直後に一時的に安全を確保する「いっとき避難場所」や防災活動、情報発信の拠点として同事務所が管理する147の公園を指定している。今回の更新は、「緑区個性ある区づくり推進費」の自主企画事業に予算約520万を計上し、15年度から製作に取り掛かっていた。

 設置は劣化がひどいものから順次行い、現在100カ所が完了している。来年度中に残りの47カ所の設置を予定している。担当者は「見やすく長持ちするデザインにした。いざという時に備えた有効な手立てになれば」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

歌集「白杖と花びら」出版

三保町在住苅谷君代さん

歌集「白杖と花びら」出版 社会

「ありのまま詠っていく」

1月14日号

新しい生活様式意識し

新春区長インタビュー

新しい生活様式意識し 社会

区運営方針進捗など語る

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 政治

IR誘致は継続へ

1月1日号

区内1,916人が門出

成人式

区内1,916人が門出 文化

密避け、2会場で分散開催

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク