緑区版 掲載号:2017年1月19日号 エリアトップへ

鴨居2丁目 子ども会復活へ 住民奔走 街ぐるみの支援模索

社会

掲載号:2017年1月19日号

  • LINE
  • hatena
同会主催のイベントを楽しむ子どもたち
同会主催のイベントを楽しむ子どもたち

 鴨居2丁目で住民有志らが子ども会を復活させようと奔走している。同地区では約15年前に子ども会が消滅していた。有志らは子育て世代以外のシニア層にも協力を呼びかけ、地域ぐるみで取り組みを始めている。

 「子どもたちの笑顔がはじける元気なまちの姿を再び」―。

 少子化などを理由に鴨居2丁目で子ども会が解散したのは約15年前。子どもの教育や福祉のため、小学校区や町内会などが作る子ども会は遊びやスポーツ、清掃活動などを通じて子どもたちの成長を地域ぐるみで見守る仕組みとして全国に広まったが近年、自治会への加入率低下や少子化、遊びの多様化などを背景に消滅の危機が叫ばれる。

 同地区で生まれ育ち、自身も幼少期から子ども会に親しんだという小原修さん(47)らは子ども会を再び立ち上げようと昨年、「鴨居2丁目えがお会」を結成。現在、子育て世帯を中心に18家族が活動に参加し、年間行事などを通じて交流を深めている。

シニアにも協力請う

 会結成にあたり、小原さんが重視したのは加入者の負担軽減だという。鴨居第二地区自治会などに協力を要請し、会費を無料にしたほか、敬遠されがちな役員などの割り当ても一切なしとした。小原さんは「自治会の協力が大きい。負担をできるだけ減らし、加入者を増やしたい」と語る。

 また、金銭面だけでなく人員的に活動を支えるのも同自治会のシニア世代だ。小原さんらは子どもがいなくても加入できるようにし、多世代が交流できる新しい子ども会の姿を模索している。「多くのシニア層に協力をお願いし、街ぐるみで子どもを見守れれば」と語る。

イベント、呼び水に

 昨年の活動を振り返り、いくつか課題も見えてきたという。「加入者同士の横の繋がりを深める仕掛けや工夫が必要。趣向を凝らしたイベントで盛り上げていきたい」と小原さん。

 これまで行っていた自治会の懇親会に子ども屋台を出店させるなどし、楽しみながら地域の顔ぶれと親睦を深められる機会をつくろうとアイデアを練っているという。

緑区版のトップニュース最新6

還元金額5%と低調

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%と低調 経済

利便性に課題か

1月20日号

刑法犯が減少傾向

緑警察署管内

刑法犯が減少傾向 社会

人身事故件数は増加

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

おみくじで、本を推薦

緑図書館

おみくじで、本を推薦 文化

新しい本との出合いに

1月13日号

「かつての賑わい取り戻す」

新春インタビュー

「かつての賑わい取り戻す」 社会

岡田区長、抱負を語る

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook