緑区版 掲載号:2017年6月22日号 エリアトップへ

新治市民の森愛護会 環境大臣表彰を受賞 7月 継続的な保全活動に評価

文化

掲載号:2017年6月22日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手にする大川会長(中央)と野田副会長(左)、荒井事務局長
賞状を手にする大川会長(中央)と野田副会長(左)、荒井事務局長

 緑区新治町と三保町に広がる新治市民の森で環境保全活動を行う「新治市民の森愛護会」が14日、環境大臣から地域環境保全功労者表彰を受けた。長年にわたる樹林保全や次世代に対する里山文化継承活動が評価を集めた。

 新治市民の森は、緑区内に76haの自然を有する。宅地開発が進む横浜市北部域で今なお多くの生態系が維持されており、「奇跡の森」「最後の森」などと呼ばれている。

 同愛護会(大川浩司会長)はこの森を次世代に受け継ごうと2000年、地域住民らにより発足。間伐や下草狩り、植林、見回りパトロールなどの保全活動をはじめ、子どもたちへの里山文化継承として、自然体験教室をはじめ様々なイベントを開催するなど多岐に渡る活動を展開してきた。

 長年に渡るこうした活動に対し、横浜市はこれを国に推薦。今回の大臣表彰に至ったという。同愛護会は昨年、市環境活動大賞を受賞している。

 14日には東京都千代田区で表彰式が開催され、同愛護会を含む全国の受賞者・団体(42人75団体)に対し、山本公一環境大臣から表彰状が贈られた。山本大臣は「今回受賞された方々の活動は全国の環境保全活動の礎になる素晴らしい取り組み。ぜひこれからも継続していただければ」と話した。

 大川会長は「これまで皆で力を合わせて頑張ってきた活動が、こうして評価をいただき、本当に嬉しく思う。仲間とこの受賞を喜びつつ、より一層励んでいきたい」と感想を述べた。横浜市からはほかに横浜市立舞岡中学校科学部(戸塚区)が同表彰を受けた。また、地域環境美化功績者としてほかに1団体と1人が表彰を受けた。 

担い手育成にも意欲

 現在は75人の会員で活動しているという同愛護会。発足から17年が経過し、平均年齢は73歳に及ぶという。「年齢的にも体力を要する作業が難しくなる人もいる」といい、若い後継者の育成は課題のひとつだという。大川会長は「年4回開催している『こども森の日イベント』や小中学校への校外学習支援などを通じ、次世代への里山文化の継承を地道に続けていきたい」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

アートパークで2日間

長津田音祭り

アートパークで2日間 文化

ジャズ企画も実施決定

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

和洋の垣根超えコラボ

マルヤそら

和洋の垣根超えコラボ 経済

ラムレーズンで商品開発

11月7日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月7日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

10月31日号

地域交流の思い広がる

いぶき野太田さん宅

地域交流の思い広がる 社会

コミカフェの利用者増

10月31日号

高まる重要性 活用に本腰

ハザードマップ

高まる重要性 活用に本腰 社会

市、「規模超え溢水ある」

10月24日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク