緑区版 掲載号:2018年1月11日号 エリアトップへ

インフルエンザ 緑区の患者数、市内最多に 2週間で約5倍に急増

社会

掲載号:2018年1月11日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市内でインフルエンザの流行が広がっている。市はこのほど流行注意報を発令したが、緑区の患者数(定点あたり)はこれをさらに上回り、すでに警報レベルに達した。区内の患者数は2週間で約5倍に急増しており、関係機関は注意を呼び掛けている。

市は注意報発令

 横浜市衛生研究所によると、直近の1週間に市内の医療機関から報告された患者数(定点あたり)は14・38人(暫定値)と、流行注意報を発令する基準である10人を超えた(1月6日時点)。

 一方、同週の緑区の患者数は、32・57人に達し、市が定める流行警報の基準である30人(定点あたり)を上回った。

 全市的にみると、流行ペースは昨年とほぼ同様に推移している。昨シーズンは1月第3週に全市で流行警報が発令されており、今後、感染はさらに広まると見られている。

 患者の年齢は、10歳未満の報告が全体の約6割を占め、小児の患者数が特に多いという。学級閉鎖は市内で18件が報告され、今シーズン累計で80件に到達。昨年同時期の58件を上回った。また、件数は少ないものの、病院や高齢者施設での集団発生も報告されている。市では、施設へのウィルスの持ち込み防止策の徹底などを呼びかけている。

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

宮内建設が第4期登録

神奈川SDGsパートナー

宮内建設が第4期登録 社会

区内では2例目

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、目立つ若年層にネット活用

11月12日号

ポスターで商店街応援

緑区役所

ポスターで商店街応援 社会

デザインは地元画家

11月12日号

地域に開く交流の場に

ヨコハマ市民まち普請事業

地域に開く交流の場に 社会

中山の団体が1次通過

11月5日号

「Go To」で活気戻るか

市内商店街

「Go To」で活気戻るか 経済

効果の一過性に懸念も

11月5日号

あっとほーむデスク

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク