緑区版 掲載号:2018年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

インフルエンザ 緑区の患者数、市内最多に 2週間で約5倍に急増

社会

 横浜市内でインフルエンザの流行が広がっている。市はこのほど流行注意報を発令したが、緑区の患者数(定点あたり)はこれをさらに上回り、すでに警報レベルに達した。区内の患者数は2週間で約5倍に急増しており、関係機関は注意を呼び掛けている。

市は注意報発令

 横浜市衛生研究所によると、直近の1週間に市内の医療機関から報告された患者数(定点あたり)は14・38人(暫定値)と、流行注意報を発令する基準である10人を超えた(1月6日時点)。

 一方、同週の緑区の患者数は、32・57人に達し、市が定める流行警報の基準である30人(定点あたり)を上回った。

 全市的にみると、流行ペースは昨年とほぼ同様に推移している。昨シーズンは1月第3週に全市で流行警報が発令されており、今後、感染はさらに広まると見られている。

 患者の年齢は、10歳未満の報告が全体の約6割を占め、小児の患者数が特に多いという。学級閉鎖は市内で18件が報告され、今シーズン累計で80件に到達。昨年同時期の58件を上回った。また、件数は少ないものの、病院や高齢者施設での集団発生も報告されている。市では、施設へのウィルスの持ち込み防止策の徹底などを呼びかけている。

緑区版のトップニュース最新6件

「夕どき社交場」有志で運営

鴨居連合自治会

「夕どき社交場」有志で運営

6月21日号

2年連続の総理大臣賞に

白山在住葉さん

2年連続の総理大臣賞に

6月21日号

早くも昨年の倍ペース

振り込め詐欺被害

早くも昨年の倍ペース

6月14日号

高齢運転者の支援充実へ

健康体操続け30年

東本郷地域の市民団体

健康体操続け30年

6月7日号

管理組合の支援強化へ

横浜市

管理組合の支援強化へ

6月7日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みどりスポフェス

みどりスポフェス

スタンプラリーも

6月24日~6月24日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク