緑区版 掲載号:2018年1月11日号
  • LINE
  • hatena

インフルエンザ 緑区の患者数、市内最多に 2週間で約5倍に急増

社会

 横浜市内でインフルエンザの流行が広がっている。市はこのほど流行注意報を発令したが、緑区の患者数(定点あたり)はこれをさらに上回り、すでに警報レベルに達した。区内の患者数は2週間で約5倍に急増しており、関係機関は注意を呼び掛けている。

市は注意報発令

 横浜市衛生研究所によると、直近の1週間に市内の医療機関から報告された患者数(定点あたり)は14・38人(暫定値)と、流行注意報を発令する基準である10人を超えた(1月6日時点)。

 一方、同週の緑区の患者数は、32・57人に達し、市が定める流行警報の基準である30人(定点あたり)を上回った。

 全市的にみると、流行ペースは昨年とほぼ同様に推移している。昨シーズンは1月第3週に全市で流行警報が発令されており、今後、感染はさらに広まると見られている。

 患者の年齢は、10歳未満の報告が全体の約6割を占め、小児の患者数が特に多いという。学級閉鎖は市内で18件が報告され、今シーズン累計で80件に到達。昨年同時期の58件を上回った。また、件数は少ないものの、病院や高齢者施設での集団発生も報告されている。市では、施設へのウィルスの持ち込み防止策の徹底などを呼びかけている。

緑区版のトップニュース最新6件

尾根道の歩行者空間確保

北八朔町

尾根道の歩行者空間確保

12月13日号

犯罪被害者支援、条例化へ

横浜市

犯罪被害者支援、条例化へ

12月13日号

中国旅行社と誘客タッグ

子どもの居場所、開所

十日市場ケアプラ内

子どもの居場所、開所

12月6日号

道路上に段差など設置

中山二丁目

道路上に段差など設置

11月29日号

シールで高齢者見守りへ

横浜市

シールで高齢者見守りへ

11月29日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク