緑区版 掲載号:2018年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

インフルエンザ 緑区の患者数、市内最多に 2週間で約5倍に急増

社会

 横浜市内でインフルエンザの流行が広がっている。市はこのほど流行注意報を発令したが、緑区の患者数(定点あたり)はこれをさらに上回り、すでに警報レベルに達した。区内の患者数は2週間で約5倍に急増しており、関係機関は注意を呼び掛けている。

市は注意報発令

 横浜市衛生研究所によると、直近の1週間に市内の医療機関から報告された患者数(定点あたり)は14・38人(暫定値)と、流行注意報を発令する基準である10人を超えた(1月6日時点)。

 一方、同週の緑区の患者数は、32・57人に達し、市が定める流行警報の基準である30人(定点あたり)を上回った。

 全市的にみると、流行ペースは昨年とほぼ同様に推移している。昨シーズンは1月第3週に全市で流行警報が発令されており、今後、感染はさらに広まると見られている。

 患者の年齢は、10歳未満の報告が全体の約6割を占め、小児の患者数が特に多いという。学級閉鎖は市内で18件が報告され、今シーズン累計で80件に到達。昨年同時期の58件を上回った。また、件数は少ないものの、病院や高齢者施設での集団発生も報告されている。市では、施設へのウィルスの持ち込み防止策の徹底などを呼びかけている。

緑区版のトップニュース最新6件

障害者雇用、法定率下回る

横浜市

障害者雇用、法定率下回る

9月20日号

全床 地域包括ケア病棟に

竹山病院

全床 地域包括ケア病棟に

9月20日号

空き家対策に新たな一手

横浜市

空き家対策に新たな一手

9月13日号

奥寺杯でアベックV

FCカルパ

奥寺杯でアベックV

9月13日号

全国かけ東関東大会へ

中山中吹奏楽部

全国かけ東関東大会へ

9月6日号

全区への設置完了へ

認知症支援チーム

全区への設置完了へ

9月6日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

霧が丘商店街で縁日

霧が丘商店街で縁日

22日 各種屋台が並ぶ

9月22日~9月22日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク