緑区版 掲載号:2018年4月26日号
  • LINE
  • hatena

長津田在住清水さん アレンジ競技で最高賞 日本最大級の花祭典で

文化

表彰を受ける清水さん
表彰を受ける清水さん
 緑区長津田在住の清水敦美さんが、今月14、15日、東京都で行われた国内最大級の花の祭典「フラワードリーム2018プリザーブドフラワーコンテスト」で最高賞となるゴールドアワードを受賞した。

 同祭典は、花の持つ魅力や花文化の醸成をテーマに毎年開催されており、今年で10回目。国内のトップフローリストを決定するフラワーデザイン競技会をはじめ、花を媒介とした様々なコンテストや作品展示などが行われた。

7度目の挑戦、実る

 清水さんは、この祭典の中で行われたプリザーブドフラワーコンテストに出品。7回目の挑戦で、自身初となる最高賞「ゴールドアワード」に選ばれた。

 日本最大級と言われる同コンテストは、生花を特殊な液で長持ちするように加工した「プリザーブドフラワー」を施した∇ギフト∇ウェディングブーケ∇フラワーアクセサリー――の3部門に分かれ、プロ・アマ問わずに出品されたものの中から各賞を選出する。今年は3部門で200を超える作品の応募があった。

「花のパワー、伝えたい」

 清水さんは、ウェディングブーケ部門に「Blue wind」と名付けた作品を出品。カップルの幸せな未来を、揺れて輝く青い花で表現した。「普段からブルーが好きで、何かと作品に採用してしまう」と話す清水さん。受賞の瞬間は「喜びよりも驚きが先に来て、手が震えた」と振り返る。清水さんは、1993年ごろから生花のアレンジを習い始め、2008年からはプリザーブドフラワーにも挑戦するようになったといい、年間を通じて様々なコンテストに作品を出品しているという。

 「作品を生む苦しみにはいつも悩まされるが、土台を苦労して組み立て、花が乗ると何とも言えずワクワクする。これからも作品を発信していくことで、花の持つパワーや魅力をより多くの人に伝えていけたら」と清水さんは話している。

清水さんが出品した作品
清水さんが出品した作品

緑区版のトップニュース最新6件

診断までの時間長く

認知症

診断までの時間長く

2月14日号

市が都市計画決定

中山駅南口再開発

市が都市計画決定

2月14日号

国際的イベントに重点

横浜市予算案

国際的イベントに重点

2月7日号

緑区勢がアベック準V

ミニバス県大会

緑区勢がアベック準V

2月7日号

慢性的な相談員不足

横浜いのちの電話

慢性的な相談員不足

1月31日号

緑スポセンで実証実験

横浜市

緑スポセンで実証実験

1月31日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

青春を再び謳歌

青春を再び謳歌

やすらぎコンサート

2月20日~2月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク