緑区版 掲載号:2018年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

東本郷地域の市民団体 健康体操続け30年 「元気で長生き」目指し

社会

いきいきと体操を行うクラブ会員ら
いきいきと体操を行うクラブ会員ら
 東本郷の高齢者らが中心となり発足させた健康体操クラブが今月で30周年を迎える。同団体は、早くから健康長寿に着目し、定期的な体操を通じて、地域の高齢者の健康作りに寄与してきた。

 「東本郷リフレッシュ体操クラブ」は、地域住民らにより1988年に発足。60歳以上の男女を対象に高齢者がいつまでも元気で過ごせる健康づくりを目指し、週に1回、近隣にある横浜市運営の母子生活支援施設の集会所でストレッチや体操、ウォーキングなどを行ってきた。

 「健康長寿社会」への関心の高まりとともに会員数は徐々に増加。現在は、約60人が週1回集い、身体を動かしながら、交流を深めている。会員の約9割は70〜80代だといい、体操講師などの指導のもと1回あたり約1時間半のプログラムに汗を流す。集会所の収容人数や受け入れキャパの問題から新規入会人数が限られており、現在、希望者約10人が入会を待っている状況だという。

 発足当時を知るクラブ代表の原崎芳子さんは「(発足当時は)今ほど高齢化が注目されていなかった時代。健康で長生きするための体操クラブを住民の手で立ち上げたという例はとても珍しかった。最初から続けて参加している人は今、90歳になっても自分で歩いて週1通ってくる」と話す。

引きこもり防止にも一役

 クラブの存在は、参加者らにとって貴重な交流の場にもなっているといい、原崎さんは「参加者同士、会話を楽しむことで、心も朗らかに元気になれる。おしゃべりが楽しいから参加してくる人も少なくない」と付け加える。参加者のひとりは「クラブに行けば皆に会えるという安心感がある。引きこもり防止の側面もあると思う」と話す。

 「これからも地域の高齢者の健康を支える存在でありたい」と原崎さん。メンバーらは、発足記念日である6月11日には会員らを対象にした30周年記念イベントを開催し、クラブの節目を祝うという。

緑区版のトップニュース最新6件

「必ず、分かり合える」

竹山在住吉田さん

「必ず、分かり合える」

8月16日号

求人サイトで中小企業支援

横浜市

求人サイトで中小企業支援

8月16日号

訪問母乳相談が好評

事業開始半年

訪問母乳相談が好評

8月9日号

ボクシング王座戦に挑む

K&W所属遠藤選手

ボクシング王座戦に挑む

8月9日号

48年の歴史に幕

中華料理東名台

48年の歴史に幕

8月2日号

過去最多を上回るペース

熱中症救急搬送

過去最多を上回るペース

8月2日号

パン工房SORA

緑区役所すぐ近くに新規オープンしたパン屋

https://www.instagram.com/pankobosora/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク