緑区版 掲載号:2018年6月28日号 エリアトップへ

緑図書館 修理本、年間約1千冊に 破損や書き込みで廃棄も

文化

掲載号:2018年6月28日号

  • LINE
  • hatena
展示の前でページが破れた破損本を手にする加藤光館長
展示の前でページが破れた破損本を手にする加藤光館長

 緑図書館で貸し出し中に汚されたり破られたりして修理した本が、年間約1千冊にのぼることがわかった。同図書館では被害にあった本を展示し、モラル向上を呼びかけるほか、修理ボランティアを育成するなどして対応にあたる。

 劣化や意図的な行為によって切り取られたり、書き込みの被害にあうなどした書籍や資料は破損本と呼ばれる。緑図書館ではこうした被害により修理する本が年間約1千冊に及ぶという。中には、内容が貴重で代替がきかないものもあるといい、廃棄となってしまう深刻なケースも発生している。

「被害状況知って」

 これを受け、同図書館では被害の実情を市民に知ってもらおうと、破損本の展示を6月25日まで館内で開催した。期間中は、水に濡れた本や、書き込みや落書きの被害にあった本など31冊が展示された。来場者のひとりは被害の状況を目の当たりにし、「こんなにたくさんの本を修理しているとは驚き。大切な本を傷つける人がいるのはとても残念に思った」と話した。

 破損本の修理は、被害の状況や程度を見極めながら一冊一冊手作業で行われる。はさみや接着剤、カッターナイフなどを使用する繊細な作業には、本の構造などの専門知識が必要だといい、利用者独自の判断で補修されたものはかえって作業が困難になることもあり注意が必要だという。同図書館では定期的に講座を開き、修理にあたるボランティアの育成に取り組んでいる。

「梅雨時期は特に注意」

 緑図書館では現在、約15人のボランティアなどが年間を通じて修理にあたっているというが、「被害の状況によっては、修理に1日以上要するものもあり、限界もある。梅雨時期は特に雨に濡れてしまうケースが多いので注意して欲しい」と話している。

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

防災のしおり作成

フォレストヒルズ三保

防災のしおり作成 社会

自治会加入全戸に配布

1月27日号

市から「予報」発信なし

トンガ噴火津波情報

市から「予報」発信なし 社会

防災Eメールの対象外

1月27日号

還元金額5%と低調

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%と低調 経済

利便性に課題か

1月20日号

刑法犯が減少傾向

緑警察署管内

刑法犯が減少傾向 社会

人身事故件数は増加

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

おみくじで、本を推薦

緑図書館

おみくじで、本を推薦 文化

新しい本との出合いに

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook