緑区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

区内浜なし 例年より早い生育 7月中に収穫開始か

社会

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
生育を見守る落合組合長
生育を見守る落合組合長

 小山・北八朔町など、区内約40の農家で栽培されている浜なし。例年8月上旬からの収穫になるが、今年は春先の開花が例年よりも早く、7月下旬から収穫作業が始まるとみられる。

 「浜なし」は、幸水、豊水、新水を主な品種として市内の認定果樹生産者団体の統一ブランド名。市場には出回らず、樹上で十分に完熟した大玉を庭先で直売している。

2週間早い開花

 小山町地域の11園で組織される小山果樹組合の落合清治組合長(落合園)によると、今年は例年より約14日早く4月2日頃に開花を確認。1968年から梨の栽培を始めた同園でも「2週間も開花が早まったのは、この50年の間では記憶にない。地球温暖化が徐々に進んでいる影響がでているのではないか」と話す。

 開花が早まったことで、その後の作業もすべて例年よりも早く進んでいる。受粉作業は4月8日に終了。そこから約1カ月の間で、果実の発育と枝を保護するために間引きする「摘果」を実施し、梅雨入りを迎えた。梅雨明けは例年と比べて20日以上早く「雨が少なく日照りが続いているので、実の大きさは今一つ」という。

直径約80mm

 同園の三品種の中で一番早い収穫となる新水は、19日現在で直径約80〜90mm。その中には収穫の目安とされている皮が緑から黄色っぽく変わっているものもいくつかみられるという。落合組合長は「100mmを越えてくるといい」と話し、同園では7月末から収穫作業に入るとし、8月上旬までには直売を開始する見込みだ。

 同組合で、例年8月の中旬に中山駅北口前で実施している梨直売所の開設日程を組合加入の園と協議した結果、16日(木)(午後1時〜)に決定した。

緑区版のトップニュース最新6

障害福祉事業所を一冊に

緑区役所

障害福祉事業所を一冊に 文化

「活動内容や人を知って」

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

動画作成し実行委員募集

Mini MiniMidori

動画作成し実行委員募集 社会

30日から応募開始

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

助け合える街作り促進

霧が丘の団体「まちプラ」

助け合える街作り促進 文化

「気軽に参加してほしい」

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter