緑区版 掲載号:2018年7月26日号
  • LINE
  • hatena

区内浜なし 例年より早い生育 7月中に収穫開始か

社会

生育を見守る落合組合長
生育を見守る落合組合長
 小山・北八朔町など、区内約40の農家で栽培されている浜なし。例年8月上旬からの収穫になるが、今年は春先の開花が例年よりも早く、7月下旬から収穫作業が始まるとみられる。

 「浜なし」は、幸水、豊水、新水を主な品種として市内の認定果樹生産者団体の統一ブランド名。市場には出回らず、樹上で十分に完熟した大玉を庭先で直売している。

2週間早い開花

 小山町地域の11園で組織される小山果樹組合の落合清治組合長(落合園)によると、今年は例年より約14日早く4月2日頃に開花を確認。1968年から梨の栽培を始めた同園でも「2週間も開花が早まったのは、この50年の間では記憶にない。地球温暖化が徐々に進んでいる影響がでているのではないか」と話す。

 開花が早まったことで、その後の作業もすべて例年よりも早く進んでいる。受粉作業は4月8日に終了。そこから約1カ月の間で、果実の発育と枝を保護するために間引きする「摘果」を実施し、梅雨入りを迎えた。梅雨明けは例年と比べて20日以上早く「雨が少なく日照りが続いているので、実の大きさは今一つ」という。

直径約80mm

 同園の三品種の中で一番早い収穫となる新水は、19日現在で直径約80〜90mm。その中には収穫の目安とされている皮が緑から黄色っぽく変わっているものもいくつかみられるという。落合組合長は「100mmを越えてくるといい」と話し、同園では7月末から収穫作業に入るとし、8月上旬までには直売を開始する見込みだ。

 同組合で、例年8月の中旬に中山駅北口前で実施している梨直売所の開設日程を組合加入の園と協議した結果、16日(木)(午後1時〜)に決定した。

緑区版のトップニュース最新6件

診断までの時間長く

認知症

診断までの時間長く

2月14日号

市が都市計画決定

中山駅南口再開発

市が都市計画決定

2月14日号

国際的イベントに重点

横浜市予算案

国際的イベントに重点

2月7日号

緑区勢がアベック準V

ミニバス県大会

緑区勢がアベック準V

2月7日号

慢性的な相談員不足

横浜いのちの電話

慢性的な相談員不足

1月31日号

緑スポセンで実証実験

横浜市

緑スポセンで実証実験

1月31日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

青春を再び謳歌

青春を再び謳歌

やすらぎコンサート

2月20日~2月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク