緑区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

霧が丘 地域住民主体で冊子作り 老い支度を考える内容

文化

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena
作成した冊子を持つメンバーら
作成した冊子を持つメンバーら

 霧が丘地域の住民が主体となり、高齢者の老い支度に関する情報をまとめた冊子やノート作りに励んでいる。行政だけでなく、住民が意見を出しながら作成を進めるのは、区内でも珍しい取り組みだ。

 昨年、霧が丘地域ケアプラザの職員同士の会議で「地域の住民主体で、老い支度などを考えてもらえる冊子を作れないか」との意見が出た。

 今年1月には、繋がりのあった霧が丘の地域住民が集まり話し合いがスタート。緑区社会福祉協議会や緑区役所の職員も加わり、「霧が丘MSO研究部」と名付けられた。「MSO」は、「みんな、最後は、おひとりさま」の略語だという。その後、わずか2カ月足らずで、霧が丘老い支度ガイド「明日からのライフデザイン」を作り上げた。年代別に準備するべきことや認知症の予防法、地域活動の情報などが幅広くまとめられている。

 4月に同ガイドが完成後、より内容を深く考えてもらえるようにと、自身のことを書き込むことのできるノートを4冊作成することが決定。現在は、エンディングノートの作成に取り組んでいるという。21日に行われた話し合いでは、地域住民から「遺影写真を貼ることのできるスペースを加えたら」「強調したい部分は文字を大きくしたら」など多くの意見が出されていた。参加者の岩佐芳一さんは「亡くなった後、残された人に迷惑はかけたくないので準備をしたい。今後、学んだことを地域にも伝えたい」と話した。

 今後、来年3月までに4冊を仕上げる予定だ。また、作成したノートを使用した講座も企画していくという。

緑区版のトップニュース最新6

団地の未来を考える

竹山住宅管理組合協議会

団地の未来を考える 社会

「実現可能なビジョンを」

9月23日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

鴨居の桜5本を伐採

緑区

鴨居の桜5本を伐採 社会

「倒木の危険から守るため」

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

住民提案で静かな夏祭り

東向地団地自治会

住民提案で静かな夏祭り コミュニティ社会

夜の川辺にランプ灯し

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook