緑区版 掲載号:2018年10月25日号
  • LINE
  • hatena

みどりアートパーク みどり学園祭開催へ 開館5周年記念イベント

文化

みどり学園祭のチラシを手にする藤井館長(左)
みどり学園祭のチラシを手にする藤井館長(左)
 横浜市緑区民文化センター みどりアートパークは、開館5周年を記念したイベント「みどり学園祭」を2019年2月に開催する。同イベントでは、区内の公立中学校の生徒を対象に、文化芸術の発表の場を創造する。

 みどり学園祭は、公募で集まった区民企画委員『アートUPくらぶ』のメンバーが企画。近年では文化祭が開催されない公立中学校があるほか、日頃のクラブ活動の成果を発表する機会が少ないことなどから「施設に中学生が集うようなものができないか」と考えられた。

 記念イベントでは中学生から作品などを公募。実施期間は、絵画やイラスト、写真などを公募して展示をする「アートギャラリー部門」(2月21日〜24日)と、楽器演奏、朗読、ダンス、お笑いなどを発表する「パフォーマンス部門」(10団体程度、2月23日)が行われる。

目玉はグリコレ

 「目玉はファッションショー」と藤井ゆずる館長も話すように、美容・ファッション・デザインの専門学校 東京モード学園との協同企画が行われる。「春のおでかけファッション」をテーマに、中学生からデザインを募集する。審査で選ばれる7グループのデザイン案は、同学園協力で制作。2月23日実施の「Green Collection2018〜グリコレ〜」で発表される。

 11月10日(土)(午後2時〜4時)には、グリコレに応募する中学生を対象としたワークショップを開催。同学園生徒によるデザインアドバイスやデモンストレーションが行われる予定。定員30人で参加無料。デザインは11月20日(火)消印有効。

 藤井館長は「区内中学生たちの作品を一人でも多くの方に見て頂ければ」と話す。

緑区版のトップニュース最新6件

尾根道の歩行者空間確保

北八朔町

尾根道の歩行者空間確保

12月13日号

犯罪被害者支援、条例化へ

横浜市

犯罪被害者支援、条例化へ

12月13日号

中国旅行社と誘客タッグ

子どもの居場所、開所

十日市場ケアプラ内

子どもの居場所、開所

12月6日号

道路上に段差など設置

中山二丁目

道路上に段差など設置

11月29日号

シールで高齢者見守りへ

横浜市

シールで高齢者見守りへ

11月29日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク