緑区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

十日市場ケアプラ内 子どもの居場所、開所 「こども村」に愛称決定

社会

オープニングイベント当日のようす
オープニングイベント当日のようす

 十日市場地域ケアプラザ内に12日(水)、新たな子どもの居場所がオープンする。1日に行われたオープニングイベントに40人の児童らが訪れ、愛称が「こども村」に決定した。

 JR十日市場駅周辺には、十日市場団地連合自治会と新治西部地区連合自治といった2つの連合自治会エリアがある。

 同エリアではこれまで、緑区地域福祉保健計画「みどりのわ・ささえ愛プラン」の地区別計画推進委員会の中などで「子どもの生活力低下」や「学校に朝食を食べてこない児童がいる」など、子どもに関する課題が提起されてきた。自治会エリアを超えた対応や、地域の関係機関などで検討する必要があると考えた同会メンバーは両地区合同の協議体として「十日市場駅周辺『こどもの居場所づくり』検討委員会」を発足。十日市場・新治小学校、十日市場中学校の校長をはじめ、各地区の主任児童委員ら20人が7月から4回に渡り、目指す方向性などを協議。その中で「地域の大人たちが関わり、学校や家庭とは違う第3の居場所を作る」「子ども食堂という形態もあるが、食だけに特化せず子どもにじっくり向き合える居場所を目指す」という方向性で話し合いが進められてきた。

 1日に行われたオープニングイベントには約40人の児童らが来場。算数遊びや工作などを楽しむ姿が見られた。会場では「子どもが一人で来ても良い」「自由に遊んだり、宿題をしても良い」などの特長が紹介された。また、来場した児童が考えた「はっぴーほーる」「楽しい場所」「ほっこりむら」など11の愛称案が発表され、投票の結果「こども村」に決定した。編み物体験をした友田碧央(あお)ちゃん(十日市場小2年)は「楽しかったからまた来てみたい」と話した。

 「こどもの村」は基本小学生を対象に12月12日から2019年3月まで、毎月第2・4水曜日の午後3時〜5時に施行実施される。今後必要な対応が検討されるという。会場では検討委員会メンバーや十日市場地域ケアプラザ職員らがサポートする。
 

緑区版のトップニュース最新6件

尾根道の歩行者空間確保

北八朔町

尾根道の歩行者空間確保

12月13日号

犯罪被害者支援、条例化へ

横浜市

犯罪被害者支援、条例化へ

12月13日号

中国旅行社と誘客タッグ

道路上に段差など設置

中山二丁目

道路上に段差など設置

11月29日号

シールで高齢者見守りへ

横浜市

シールで高齢者見守りへ

11月29日号

創英大生を受け入れ

霧が丘地区社協

創英大生を受け入れ

11月22日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク