緑区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

緑区制50周年 「節目を皆で祝いたい」 年間通じ、関連事業

文化

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
緑区総合庁舎外観
緑区総合庁舎外観

 「令和」元年となった今年は、緑区にとっても節目の年--。区制50周年を迎えた緑区では、50周年記念事業実行委員会により、記念式典や記念誌発行などの記念事業が予定されている。

 昭和44年に港北区から分区してから50年--。

 緑区では区制50周年を迎えるにあたり、緑区制50周年記念事業実行委員会(塚田順一委員長)を立ち上げ、「次世代を担う子どもたちが、緑区の魅力や緑区の良さを知る」などを事業実施方針に掲げ、主催事業を企画してきた。

 実行委員会が企画した主な主催事業は「子ども達によるまちづくりイベント」(8月24日(土)・25日(日)、中山地区センター)、「記念式典・講演会」(10月5日(土)、緑公会堂)、「緑区民まつり2019」(10月20日(日)、四季の森公園)、「わらアートの作成・展示」(11月下旬、横浜線から見える田んぼ)など。

 そのほかにも「日本全国笑顔化計画in緑区制50周年記念イベント」(10月13日(日)、緑公会堂)、「みんなの人文字で緑区制50周年を祝おう!(仮称)」(10月27日(日)、中山中学校)、「長老に聞く長津田の80年〜長津田に愛着と誇りを〜(仮第)」(11月17日(日)、みどりアートパーク)のほか、区主催の各種関連事業が年間を通じて行われる。

 小野崎信之緑区長は「これまで先人が築いてきた土台があるからこそ新しい時代を迎えることができる。将来の緑区がより発展するよう、環境を整えていきたい。今年、緑区は区制50周年という節目なので、区民のみなさんと一緒にお祝いしていきたい」と語った。

 塚田実行委員長の事業実施に向けた考え方は以下の通り。

 「この50年、またその前から、この地に集うすべての人々は、豊かな自然に囲まれた、安全、安心、快適な暮らしが享受できるまちを目指して、まちづくりを続けてきました。50周年という節目に、これまでの歩みを振り返り、苦労を分かち合い、すべての人々とともに50周年をお祝いします。そして、将来を担う次世代にこのまちを繋いでいくため、何ができるのか、何を残せるのかを皆で改めて考え、さらに魅力あふれるまちを目指して、新たな一歩を踏み出していきましょう」

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

鴨居まち研が20周年

鴨居まち研が20周年 社会

協力企業らと祝賀会

5月23日号

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に 教育

今月28日からスタート

5月23日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

5月16日号

多世代交流カフェが完成

多世代交流カフェが完成 社会

関係者らが記念セレモニー

5月16日号

区内でがけ地調査実施

区内でがけ地調査実施 社会

三保・寺山町など

5月1日号

区制50周年事業に協賛

横浜緑ロータリークラブ

区制50周年事業に協賛 社会

クラブも節目で50万寄付

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

相続空き家特例を学ぶ

相続空き家特例を学ぶ

造幣局のあゆみ講座も

6月3日~6月3日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク