緑区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

横浜市 登校時に防犯パトロール 殺傷事件受け試行

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
パトロール車両のイメージ
パトロール車両のイメージ

 川崎市多摩区でスクールバスを待つ児童らが殺傷された事件を受け、横浜市は夏休み前後の合計22日間、試験的に防犯パトロールを登校時間帯に拡充して行う。

民間警備会社に委託

 横浜市の防犯パトロールはこれまで、「青パト」など地域の防犯活動の補完的な役割として、7月から2月までの下校時間帯を中心に実施してきた。市民局地域防犯支援課の坪井豊課長は「予算的な問題もあり、児童に特化したパトロールは行っていない。あくまで防犯活動全体の支援にとどまるため、比較的安全視されている朝の時間帯は対象にしていなかった」と現状を説明する。

 登校時間帯へのパトロール拡充は、登校中の児童らが刃物で襲われた事件を受け、政府が登下校時の安全確保について国と自治体で連携し、早急に対策を講じるよう指示したことがきっかけだ。

 神奈川県警からの協力要請を受けた市は6月末、市立小学校の夏休み期間前後(合計22日間)の午前7時から8時30分まで、パトロールすることを発表した。期間中は、市が民間委託する警備車両5台が約350市立小学校周辺の通学路を10ブロックに分け、1日あたり約35校を巡回する。

実績検証し継続判断

 夏休み前のパトロールでは、事件性のある報告はなかった。市PTA連絡協議会の七海雷児副会長は「パトロール拡充は保護者の立場からも嬉しく思う。独自の見守り活動をしている地域もあるが、行政機関と連携して安全確保できれば、さらなる安心感につながるはずだ」と関係機関との連携の重要性を指摘する。

 今後の事業継続について市は「夏休み明けの8月26日から30日までの実績も踏まえて、国や市教育委員会などと検証していきたい」としている。

貼り付けられる2種類のマグネット
貼り付けられる2種類のマグネット

緑区版のトップニュース最新6

女子団体で全国出場

バドミントン

女子団体で全国出場 スポーツ

監督「目指すは入賞」

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

ボランティアと森再生へ

GROUP創造と森の声

ボランティアと森再生へ 社会

伐採木利用し体験企画

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

適切な処置で人命救助

適切な処置で人命救助 社会

緑消防署から3人に感謝状

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook