緑区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

横浜FM 15年ぶり、王座奪還 J1通算450勝

スポーツ

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena

 横浜F・マリノスは12月7日、明治安田生命J1リーグ第34節(日産スタジアム)で2位・FC東京と対戦。首位で迎えた最終節を3-0の勝利で飾り、15年ぶり4回目のリーグ優勝を達成した。

 「この街にシャーレを、この街に頂点を」--。Jリーグのリーグ戦において、史上最多となる6万3854人の観客が訪れたスタジアムに、15年ぶりの優勝を願うサポーターたちの声援が響き渡った。

 負けても優勝の可能性が残されるなか、攻撃的なスタイルで試合を進め、前半で2点のリードを奪ったF・マリノス。後半は退場者を出すも、32分に旭区出身のMF遠藤渓太選手がゴールを決め勝利を決定づけた。試合後、主将のMF喜田拓也選手は「横浜にシャーレを取り戻しました。いつもチームを支えてくれたファンを日本一のサポーターにできて幸せです」と目頭を押さえた。

 最終成績は、22勝4分け8敗の勝ち点70。第23節終了時で首位と勝ち点9差の5位だったが、そこから10勝1分けと勝ち点を積み上げ優勝まで駆け抜けた。

 チームは2年連続リーグ最多となる68ゴールを記録。FWマルコス・ジュニオール選手と共に得点王(15点)に輝いたFW仲川輝人選手はリーグの年間MVPとベスト11にも選出された。昨季56失点の守備面も今シーズンは38失点と改善。都筑区出身のDF畠中槙之輔選手はチーム唯一の全試合フル出場で守備陣を牽引した。また今節の勝利で、クラブはJ1通算450勝(歴代2位)。ホーム通算観客動員数も1000万人を突破した。

 同日、瀬谷区出身のDF栗原勇蔵選手が現役を引退。クラブ一筋18年で446試合に出場し、日本代表にも選出された。前回優勝を知る36歳のベテランが、有終の美を飾った。

緑区版のトップニュース最新6

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

歌集「白杖と花びら」出版

三保町在住苅谷君代さん

歌集「白杖と花びら」出版 社会

「ありのまま詠っていく」

1月14日号

新しい生活様式意識し

新春区長インタビュー

新しい生活様式意識し 社会

区運営方針進捗など語る

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 政治

IR誘致は継続へ

1月1日号

区内1,916人が門出

成人式

区内1,916人が門出 文化

密避け、2会場で分散開催

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク