緑区版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

横浜市 無料「もの忘れ検診」開始 県内初、65歳以上が対象

社会

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は、65歳以上の市民を対象に、認知症の早期発見・対応を進めることを目的とした無料の「もの忘れ検診」(認知症の簡易検査)を20日から開始した。県内初の取組み。今年度は450万円の予算を計上し、約900人の実施を見込んでいる。

 もの忘れ検診は、他都市では名古屋・さいたま市などで実施しているが、県内では初の取組みとなる。対象は認知症診断を受けたことのない65歳以上。市ホームページ等に掲載されている市内89カ所の医療機関に予約の上、3月31日まで受診が可能。医療機関では問診を行い認知症の疑いを確認する。認知症の疑いがあった場合の専門医療機関紹介料は有料。

認知症5人に1人に

 団塊の世代が後期高齢者となり、医療費など社会保障費の急増が懸念される2025年問題。市内の65歳以上の高齢者人口は2015年に約87万1千人。25年には96万6千人と10年間で約9万5千人の増加が見込まれている。国の有病率調査を基にした市内の高齢者人口に対する認知症有病者数は15年の約14万人に対して25年には20万人。5人に1人が認知症になると見込まれている。

早期発見し介護負担減へ

 市ではこれまで、認知症患者やその家族に早期に関わる「認知症初期集中支援チーム」「認知症疾患医療センター」の設置、「認知症高齢者等SOSネットワーク」の構築などを進めており、同事業を更なる認知症対策の取組みとして次年度以降も継続したい考えだ。

 横浜総合病院(青葉区)の臨床研究センターのセンター長で神経内科医の長田乾氏(日本認知症学会専門医・指導医)は「高齢者の認知症は、生活習慣病の管理を含めた適切な治療・ケアにより進行を遅らせることができるので、早期発見され、専門医の診察を受ける機会が増えることは大きな福音」と話す。

 市担当者は「認知症を早期発見し、医療・介護サービスを適切に使用することで介護負担の軽減のほか、症状の安定化や重度化を遅らせる可能性があるので検診は重要と言える」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

還元金額5%と低調

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%と低調 経済

利便性に課題か

1月20日号

刑法犯が減少傾向

緑警察署管内

刑法犯が減少傾向 社会

人身事故件数は増加

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

おみくじで、本を推薦

緑図書館

おみくじで、本を推薦 文化

新しい本との出合いに

1月13日号

「かつての賑わい取り戻す」

新春インタビュー

「かつての賑わい取り戻す」 社会

岡田区長、抱負を語る

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook