緑区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

2019年市内出火率 過去最小の水準に 火災件数も減少傾向続く

社会

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市がこのほど発表した、昨年1年間の「火災・救急概況」(速報)によれば、人口1万人あたりの火災件数を示す「出火率」が1948年の市消防局発足以降、最小値の1・8となった。また市内の火災件数も64年ぶりに700件を下回り685件だった。

 市内の火災件数は、近年特に減少傾向だ。11年に1千件を超えていたが、その後900件台で推移し、15年には700件台にまで減少。17年に800件台に逆戻りしたものの、18年からは再び減少へと向かっている。

 これに伴って次第に低くなってきたのが出火率。川崎市や相模原市など、県内他の政令指定都市も火災件数自体は減少傾向にあるものの、14〜18年までの5年間で出火率が1点台を記録したのは横浜市のみだった。

ハードとソフト両面の対策奏功

 件数・出火率ともに改善が続く状況について市消防局は「ハードとソフト両面の対策が効いているのでは」と推測する。

 住宅用火災警報器は再三の呼びかけで、昨年の調査で86%まで設置率が伸びてきた。また、08年10月以降に販売されている全てのコンロには安全装置が付いており、交換普及も進んだと考えられるという。これらの結果として「いわゆるヒューマンエラーが原因の出火を未然に防いでいるケースが少なくない」と分析している。

 もう一方は「地域を守ろうという住民意識の高まり」と見る。出火原因は長年「放火(疑い含む)」が1位となっているが、近年、各地域では防犯・安全パトロールや自治会単位の防犯カメラの設置などが進み、放火をさせない環境が醸成されてきているのではとも考えられている。

 泉区で自治会長を務める一人は消防・行政・自治会等の地道な活動の表れと今回の数値を評価。その上で「この流れを維持していくことが大事。そのためには、火災警報器設置率をさらに伸ばすことや今の地域活動を次世代へきちんとつなぐこと、さらには設置から時間が経過した機器の交換を着実に進めていくことが必要だと思う」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

3本柱で皆に優しい街へ

2020年度緑区予算案

3本柱で皆に優しい街へ 社会

自主企画事業が微増

2月20日号

バリアフリー化進む

十日市場駅周辺地区

バリアフリー化進む 社会

ロータリー間もなく終了

2月13日号

長津田第二が準優勝

ミニバス男子

長津田第二が準優勝 スポーツ

県大会で創部初

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

1月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本の魅力を語り合おう

本の魅力を語り合おう

全2回「共読」講座

3月7日~3月21日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク