緑区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

街路灯維持 揺らぐ商店街 補助金活用も改修費重荷

経済

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
街路灯を撤去した商店街
街路灯を撤去した商店街

 商店街を照らす街路灯の維持管理費が、加盟店の減少が続く商店街運営に影を落としている。老朽化で改修を迫られた街路灯も多い中、撤去によって電気代や修繕コストの削減に踏み切る商店街もある。

 街路灯は、華やかさやにぎわいの演出、夜間の防犯を担う設備として、商店街が独自に設置や維持管理を行っている。

 市経済局によると市内には5585基の街路灯があり、数十年前に建てられたものも多く改修を考える商店街は多いという。しかし、1990年に1万9千店あった加盟数は1万店に減少。市は1基あたり6万円の改修費を補助するが、中には閉店した店舗付近の街路灯は改修せず、撤去を選択する商店街もある。

 加盟店の減少で街路灯の維持を断念した白幡向町商愛会=神奈川区=は、41基あった街路灯を2年がかりで全て撤去した。工事費は400万円以上かかったが、宇佐美勇会長は「年間30万円の電気代負担もなくなった。今後は撤去を考える商店街が増えるのでは」と指摘する。

 一方、商店街の解散で街路灯の撤去を余儀なくされた元商店会長からは「通りが暗くなり歩きにくくなったという声も聞く」と、住民の安全を不安視する意見もあがる。

老朽化受け一斉調査

 市では撤去についても500万円を上限に費用の半額を補助しており、東日本大震災以降は約330基を撤去。16年には一斉調査を行い、危険と判断した街路灯60基の補助率を引き上げて改修・撤去を済ませている。

 街路灯の倒壊といった事故はこれまで発生していないが、「大型化する台風などで被害が起きる可能性は否定できない」と市担当者は危惧する。しかし街路灯は私有物のため、「補助金を活用して自発的に管理してもらうしかない」という。

 市では19年度から軽微な修繕にも補助制度を拡充し、商店街の負担軽減を図っている。「馬車道商店街のガス灯など、地域色を打ち出した商店街のシンボルとして親しまれているものもある。街路灯は公共的な意味合いも強く、適切に維持されるよう支援策を考えていきたい」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

読売会等と覚書締結

山下地区まちづくり協議会

読売会等と覚書締結 社会

ささバスにラッピング

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

障害福祉事業所を一冊に

緑区役所

障害福祉事業所を一冊に 文化

「活動内容や人を知って」

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

動画作成し実行委員募集

Mini MiniMidori

動画作成し実行委員募集 コミュニティ社会

30日から応募開始

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter