緑区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

緑土木事務所 道路の不具合報告で協定 郵便局ゆうちょ銀行と

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
調印式に臨んだ緑土木事務所、郵便局、ゆうちょ銀行の関係者
調印式に臨んだ緑土木事務所、郵便局、ゆうちょ銀行の関係者

 横浜市緑土木事務所は26日、区内にある10の郵便局およびゆうちょ銀行横浜緑店と、区内の道路破損や、河川・公園施設の不具合などを同事務所に報告する内容の協定を結んだ。新田巧所長は「道路などへの監視の目が増え、より迅速な対応が可能になる。区民の安全・安心の向上につながる」と話した。

 今回の協定は、3者が区内の犯罪や事故の未然防止を図るために、連携して区民生活の「安全・安心」を高めるために取り組むことが目的。同事務所が管理する区内の道路延長は約450Km。通常、幹線道路の場合週2日、その他の生活道路の場合月1〜2日パトロール車で巡回している。現在区内の郵便局とゆうちょ銀行では、150台以上の車両(バイク含む)を保有し地域を回っている。今回協定を結ぶことで、点検頻度が上がることを期待している。

 協定を結んだのは、10の郵便局(長津田・緑・横浜台村・横浜十日市場・鴨居駅前・横浜竹山・横浜霧が丘・横浜東本郷・横浜白山・長津田駅北口)とゆうちょ銀行横浜緑店。緑区役所で26日に行われた調印式には、各郵便局長ら関係者が参加。代表して長津田郵便局の野澤裕行局長が協定書にサインした。

 協定の具体的な内容は、郵便局およびゆうちょ銀行の職員が日々業務で区内を回るなかで、道路や河川、公園施設における不法投棄や落書き、また歩行者らがケガをする恐れのある道路のへこみなどの不具合を発見した場合、土木事務所に状況を報告する。報告方法は、現場の写真をカメラ機能付き携帯電話で撮影し、電子メールで送るほか、電話やファックスなども活用する。同取組は11月1日から開始する。

 野澤局長は「事故の未然防止につながると思う。区民が安心して生活できるよう協力していく」と話した。

 また、新田所長は「協定を締結することで、区内の道路などへの監視の目が増え、より迅速な対応が可能となり、区民の安全・安心が向上することになる」と話した。

緑区版のトップニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

動画作成し実行委員募集

Mini MiniMidori

動画作成し実行委員募集 社会

30日から応募開始

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

助け合える街作り促進

霧が丘の団体「まちプラ」

助け合える街作り促進 文化

「気軽に参加してほしい」

4月22日号

ツシマヤマネコ 繁殖成功

ズーラシア

ツシマヤマネコ 繁殖成功 社会

人工授精で国内初

4月15日号

集団接種を5月中旬開始

コロナワクチン

集団接種を5月中旬開始 社会

個別接種も6月以降に

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter