緑区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

神奈川SDGsパートナー 宮内建設が第4期登録 区内では2例目

社会

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
登録証と手にする佐藤総務部長(左)と同社社員
登録証と手にする佐藤総務部長(左)と同社社員

 神奈川県がSDGs推進のため募集している「かながわSDGsパートナー」。このほど発表された第4期登録者に鴨居の宮内建設株式会社(宮内康治代表取締役)が登録された。緑区内では2例目となる。

 SDGsとは、2015年に国連加盟国193カ国で採択された30年までに達成すべき世界共通の目標。貧困や自然環境など世界中のあらゆる課題に対応した17の目標が定められている。県では、普及活動の裾野を広げることを目的に同制度を19年に開始し、これまで333者が登録されている。

女性チームでパトロール

 宮内建設(株)の佐藤広行総務部長が「企業として次世代のために何ができるのかを考えた時にSDGsの取組は重要と考えている」と話す通り、同社は同制度に申請し、第4期パートナーとして登録された。同社は建設現場の3K(きつい、汚い、危険)や男性の職場というイメージを払拭するために、6年前から事務方の社員で結成されたチームで安全パトロールを実施。現状の現場に必要なもの、不必要なものなどの意見を集約している。その中で、女性の現場監督が担当する場で使用される仮設トイレを「女性専用の簡易水洗トイレ」に変更。女性用の更衣室を用意するなど、誰もが働きやすい職場環境をつくる取組を推進している(SDGs目標【5】/ジェンダー平等を実現しよう)。

 また、緑区内の小学校と近隣中学校に対して、インフラの基礎知識が分かりやすく紹介されている書籍を寄付(同【4】/質の高い教育をみんなに)。横浜市社会福祉協議会へ車椅子の寄贈(同【3】/すべての人に健康と福祉を)するなど地域貢献活動も行っている。さらに、現場の仮設事務所の屋根にソーラーパネルを設置し二酸化炭素排出量削減にも着手(同【7】/エネルギーをみんなにそしてクリーンに、同【13】/気候変動に具体的な対策を)。そのほかにもICT建設機械を使用し、入力した設計図面通りにブルドーザーなどを動かすなど様々な取組を行っている。同社佐藤部長は「今回県のSDGsパートナーに登録されたことについては嬉しい限り。弊社の事業は公共工事が主だが、地域貢献は企業としての責任だと考えている。今後も取組を継続していく」と話した。

緑区版のトップニュース最新6

3年連続 関東大会へ

田奈中女子陸上

3年連続 関東大会へ スポーツ

「上位校と競い合いたい」

11月26日号

選抜21世紀枠候補校に

白山高校野球部

選抜21世紀枠候補校に スポーツ

「多くの支えに感謝」

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

宮内建設が第4期登録

神奈川SDGsパートナー

宮内建設が第4期登録 社会

区内では2例目

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、目立つ若年層にネット活用

11月12日号

ポスターで商店街応援

緑区役所

ポスターで商店街応援 社会

デザインは地元画家

11月12日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク